【かなり自信あり】子供が絶対よろこぶお菓子とは?

子供と一緒に科学実験をしました!場所はキッチン、材料は近所のスーパーで調達。科学実験でつくったものは、なんと・・・、子供の大好きなグミ(いちご味)!です。

本当にグミができた

この本に書いてあるとおりに、作ってみました。

グミの材料

材料は以下の3つのみ。全て近くのスーパーで調達できました。アマゾンでの購入も便利です。

ゼラチン

本では5g使います。少なめの量が個包装になっているものが使い勝手が良いです。

いちごジャム

ジャムはお好みのもので。

砂糖

小さじ1杯 3gなので、スティックシュガーが便利かも。

グミの作り方

作り方も、簡単!

ゼラチンに水を加えて湯煎で溶かし、ジャム&砂糖をレンジでチンして、これら2つをよく混ぜる。これを、お気に入りの型に入れて、1〜2時間ほど冷蔵庫で冷やす。そして、固まるのを待つだけ。作るの10分、待つの1−2時間といったところ。小学3年生と小学1年生で、あまり料理経験のない子供でも楽しめました!

グミを入れる型は、かわいいのを使うといいですよね。グミを取り出すとき、深さが浅めの型の方が取り出しやすいかも。

こちらの本を見ながらつくりました。他にも、いろんなお菓子の作り方が載ってます。

ちゃんと美味しかった

できたグミをみんなで食べました。

とても歯ごたえがあって、甘いいちご味のグミでした。子供にはおおうけ!好みでレモン汁などを加えたり、いろんな味をつくってみると楽しいと思います。こんな工夫や発想が生まれるのも、手作りや実験ならではの楽しさと思います。

何事にもチャレンジする気持ちを大事にしてほしい

子供は実験が大好きです。簡単なものでも、自分で作ったり・やってみたりすることで理解が深まります。本には、グミができる仕組みがきちんと書いてあります。一応、読んで聞かせましたが、その辺はちょっとスルー気味。でも、これから色んなことを学ぶとき、「やってみよう!」「自分の目で確かめてみよう!」という気持ちにつながってくれると嬉しいです。

本にはたくさんの「食べれる実験」が載っているので、ラムネ作りやうどん作りにも挑戦してみたいと思います!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP