間違えた問題はしっかり解きなおす

音楽の習い事は、「右脳の活性化に効果がある」とか、「芸術的なセンスはひらめきに重要」とか言われることがあります。

しかし、子供達の習い事にピアノを選んで良かったなあと思う点は、「ひとりでも地道にコツコツ練習を続ける」という鍛錬ができているという点です。

結果を出すために必要なこと

「京都文教高校(京都)バトン部は、全国大会に21年連続で出場し、9年連続で金賞を受賞している全国屈指の強豪校」を紹介する記事を読みました。

スポーツの話ですが、全国レベルで高い評価を受けているチームがやっていることは、勉強や習い事で成果を出すことにも通じるものがあると思いました。

「振りをそろえる時間が長くて、気持ちがだれてしまうことがあります。毎日の積み重ねは難しいですね……」

「バトンは1回ですぐにできるようになる競技ではないので繰り返しが大切」

高校生新聞 9年連続で全国金賞のバトン部 意見ぶつけ合いながら技を磨く

記事を読んで、高校生の部員達が毎日一生懸命、練習を頑張る姿が目に浮かぶように感じられました。

目標達成のためには、「自分たちで考えること」「できるようになるまで何度も繰り返す」ことの大切さがしっかり伝わってきました。

地道にコツコツで成績アップ

勉強の成績アップには「間違えた問題はしっかりとき直す」という作業は欠かせません。

そして、「できるようになるまで何度も繰り返す」ことが大切です。

具体的には、

  • 「どうして間違ったのか?」を考える
  • 解説を読んで理解する
  • 自分の力でもう一度解いてみる。

というサイクルを回します。

間違えた問題は正誤の確認だけでなく、解説をよく読んでもう一度自分の力で解いてみることに、意味があります。

間違えた問題を活かすのは意外と面倒な作業

子供達に、間違った問題を残しておく「間違いノート」を作らせています。 間違った原因や、どんな解き方や工夫ができるかを、自分の言葉でまとめさせています。

しかし、自宅で自己流でこの取り組みをしっかり行うのは、なかなか難しいというのが本音です。 当然、時間もかかるし、間違った問題が解けるようになったかを確かめる仕組みも必要です。

解き直しシステムが意外と頼りになる

チャレンジタッチには、「問題のとき直し機能」があって、間違った問題は理解できるまで繰り返し挑戦することができます。

もちろん状況は毎日の学習レポートに反映されるので、親が声掛けなどでサポートが必要か判断することもできます。こまめにフォローしておけば、苦手教科をつくらないようにできるかもしれません。

間違った問題をコツコツ何度もとき直すのは、子供にとって結構つまらない勉強かもしれません。しかし、絶対に避けては通れません。

タブレット学習では、このような「面倒なところ」をアプリで楽しく取り組めるようになっています。

テレビCMなどで紹介されている「ダブルとき直しシステム」は、間違った問題をもう一度学習できる機能です。ちょっとした機能ですが、子供の学習スタイルについてよく考えられているなあと、実際に使ってみて気づくところです。

できるようになるまで何度も繰り返す。勉強も毎日の積み重ねが大事です。

タブレット学習で子供のやる気アップ!

タブレット学習には従来の学習法にはないメリットがあります。

もしタブレットを使った勉強に興味があれば、キャンペーン期間を利用するして入会申し込みを行うのがオススメです。

キャンペーン期間ならタブレット代金が無料などの特典がつきます。

>> 【進研ゼミ小学講座】

この時期をターゲットにしたキャンペーンには締切があるので、気になっている方は、是非、早目にチェックしましょう!

まだ迷っている方は、こちらから無料体験教材と資料の請求をしてみませんか?

>> 【進研ゼミ小学講座】

私たちも、最初はタブレット学習に不安があって、無料の体験教材と資料を請求しました。

そしたら子供の反応が、「絶対、チャレンジタッチで勉強したい!」という感じだったので、すぐに入会を決めました。子供が勉強にやる気になってくれれば、それが一番うれしいと思ったので。タブレット学習楽しいです!

>> 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP