【ほんとに!?】おうちでバイリンガル 〜 比べたら見えてきた小学生の英語教育に効果的なこと

「自宅で子供がバイリンガルに育つ」、そんな子育てができたら嬉しいですよね!

たとえば、こんなことが起こったら、うれしくないですか?

  • 英語の音声をBGMに生活&英語絵本の多読で、小学生で英検1級合格
  • 幼児期から英語番組をみせる&英語の教科書を徹底学習するだけで、海外留学し外資系企業入社
  • 塾にも通わずお金をかけず、家庭での英語教育を工夫することで、地方公立校からハーバード大に現役合格
  • 英会話教室に頼らなくても、英語アプリで子供がバイリンガルに成長

あなたは、「英語は学校でしっかり勉強したらいい」と思っているかもしれません。しかし、本当に英語が話せるようになるでしょうか?

現在、幼少期の英語教育に関心を持つ人が増えているそうです。

理由は、これから英語力の格差が収入の格差を生む時代だと言われているからです。英語が得意な子供に育つと、将来の選択肢が増えます。今後、英語ができるかどうか・英語でコミュニケーションがとれるかどうか、それだけでいまより差がつく時代になるのは確実です。

でも、親が日本人で、日本で暮らしていて、子供をバイリンガルに育てるのは大変そうに思いますよね?

でも、安心してください。あなたも、やる気さえあればすぐ始められます。「自宅で子供がバイリンガルに育つ」子育てを簡単に学べる方法があります!

まずは、子供に英語を学ばせる上で、一番大切な「ある前提条件」を理解して、常にそれを意識して英語教育に取り組むことです。その上で、(小学校の英語教育の基本指針でもある)「読む」「書く」「聞く」「話す」を、家庭状況や子供の個性を大事にしながら進めていけば良いのです。それだけで、あなたの英語教育に取り組む姿勢は劇的に変化するはずです!

「でも子供をバイリンガルに育てるには、具体的にどうすればいいの?」と思ったあなた。

おうちでほぼバイリンガルの育て方」が教えてくれます。
タイトルどおり、「両親は日本人・お金をかけず・おうちでバイリンガルを育てたい」と思ったときに非常に参考になる本です。

「おうちでほぼバイリンガルの育て方」についての詳しい情報は、リンクからチェックしてみて下さいね!

おうちでほぼバイリンガルの育て方」

我が家も、バイリンガルとは言わないまでも、英語教育には力を入れています。

正しい発音やヒアリングを伝えるのは難しいので、チャレンジタッチを英語学習に利用しています。

小学校でも英語が教科化されるので、新学習指導要領に沿った「英語4技能」を総合的に学べるので良いと思っています。特に、英語のヒヤリング・スピーキングに注目していて、小学3年生からずっと外国人英語講師との英会話レッスン「オンライン・トーク」をオプションで学ぶのを続けています。最近は、英会話に少し慣れてきたみたいで、会話は英語のみですがひとりで外国人講師とのレッスンを楽しんでいるようです。

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

「おうちでほぼバイリンガルの育て方」に出てくるそれぞれの家庭の取り組みでも、「しっかり声に出して練習する」のは共通している点なので、これからも続けていこうと思っています。あなたの「子供の英語力」についての悩み解決のお役に立てれば幸いです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP