小学生の習い事 お金や時間を無駄にしない 子どもにぴったりの習い事の探しかた

あなたは、子どもの習い事について、こんな悩みを抱えていませんか?

  • 子供の習い事にお金がかかる
  • 子供の習い事をいつまで続けさせるのが良いか?
  • 習い事で子供の才能を伸ばしたい!早期教育は何歳から始めればいいの?
  • 自分の子供にも習わせといた方がいい?あの習い事が人気の訳

子供の習い事には結構お金も時間もかかるのに、効果があがらないと悲しいですよね。

でも、このような悩みの原因は、はっきりしています。「みんなが習うから」「やっておいて損はなさそう」という曖昧な理由で子供の習い事を決めることが、一番の原因です。

子供の習い事について、明確な基準もなくだらだらと悩み続けていたら、大切なお金も費やす時間も、全て無駄になってしまうかもしれません。特に、小学生の習い事にかかる費用は、「子どものため」という動機が絡み、青天井になりやすいとも言われていいます。

でも、安心して下さい。

それぞれの習い事の特徴やメリット・デメリット、向き/不向きなど、自分の子供にどんな習い事をさせるかの『基準』が簡単にわかる方法があります。

まずは、習い事について、わが子がどんな子で・何を求めているのかを見つけ出し、自立するそのときまで子供の成長を支え続けていくことが大切です。その上で、さまざまな習い事の魅力・メリットなどを理解して、「子供のどんな才能を引き出すか?」「子供には何が必要か?」を考えれば良いのです。それだけで、子供が習い事を通じて成長し、良い親子関係を築けるようになるはずです。

「どうやって、子供にぴったりの習い事を探せばいいの?」と思ったあなた。
まちがえない! 子どもの習い事―選び方から生かし方まで」が教えてくれます。タイトル通り、「子どもを伸ばす習い事」がわかる本です。

まちがえない! 子どもの習い事―選び方から生かし方まで」の詳細はリンクをチェックしてみて下さい。リンク先には、口コミもいくつか投稿されているので、きっと参考になる意見が見つかると思います。

子供の習い事に関して、「何をさせたらいいのか」、「早期教育は何歳からがいいのか」など、習い事を選ぶ上で、誰もが不安に感じることが解決されると良いと思います!子どもにかけるお金の話もオススメです。

私も、自分の子ども達の習い事については悩みました。

小学校の友達にも刺激を受けたりして、挑戦させたいことは色々あったのですが、結局、水泳とピアノをずっと続けさせています。

何歳から始めていつまで続けるか?とか、どのレベルまで教えるか、お金をかけるか?とか悩むことも多かったです。しかし、最近は子どもの気持ちや子どもの成長を優先させるようにして、親は少し肩の力を抜いて習い事を応援しています。 そちらの方が、子どもの自立心や自主性が芽生えるように感じています。

催し物でのピアノ演奏のリハーサル風景

ちなみに、身体づくりは子どもの時しかできないので、いまは塾などに通わせるよりもスポーツや習い事を優先させています。

家庭学習は進研ゼミのチャレンジタッチ

勉強は家庭学習メインで、進研ゼミのチャレンジタッチを使っています。お金もそれほどかからないので、習い事と勉強で両立したい方にはオススメです!

進研ゼミ小学講座の「チャレンジタッチ」での学び方や詳しい内容は、公式サイトでチェックしてみて下さいね!

【締め切り間近】期間限定キャンペーンお見逃しなく!
↓ ↓ ↓
無料体験教材 お申込はこちら > 【進研ゼミ小学講座】

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP