糸島 著名人 | 林咲希 選手 知ってた?バスケットを始めたきっかけや名前に込められた想い

女子バスケの 林咲希 選手は、福岡県・糸島市出身。2020東京オリンピックですごい活躍をされていますね!

糸島出身の著名人の活躍には興味津津。始めたきっかけや今までの活躍などを、まとめてみたいと思います。

林 咲希 選手とは?

福岡県・糸島市出身の 林咲希 選手は、ENEOSサンフラワーズ所属の女子バスケットボール選手。

2020東京オリンピックの、5人制バスケットボール女子日本代表選手の1人として選ばれました。大学でインカレ日本一を果たすと、バスケ女子Wリーグの強豪・ENEOSサンフラワーズへ入団。

正確無比なスリーポイントシュートと冷静な判断力を武器に、2020東京オリンピックでも大活躍しています!

林 咲希 選手のプロフィール

本名 林咲希(はやし さき)
愛称 キキ
ポジション ガードフォワード(GF)
出身地 福岡県・糸島市
誕生日 1995年3月16日
血液型 A型
身長 173cm

ENEOS Sunflowers 選手・スタッフ紹介 #7 林 咲希

林 咲希 選手の主な経歴

2013〜2016 インカレ – 3位(2013)、準優勝(2014,2015)、優勝(2016)
2015 ユニバーシアード – 4位
2017 ユニバーシアード – 準優勝
2018 アジア競技大会 – 3位
2019 アジアカップ – 優勝
2020 FIBA東京オリンピック予選
2021 東京オリンピック

林 咲希 選手のプレー歴(出身校)

・雷山小学校(福岡県・糸島市)
・前原中学校(福岡県・糸島市)
・精華女子高校(福岡県・福岡市)
・白鷗大学(栃木県)

小学校の頃、雷山ミニでバスケを始める。

前原中学校でバスケ部(キャプテン)経て、精華女子高校(福岡市)でインターハイベスト16・国体準優勝などに貢献。

白鷗大学(栃木県)進学後は、インカレに1年から出場し、2013年は3位、2014年と2015年は準優勝、そして4年生の最後の年で優勝を決め、大会MVPと得点王・3P王の3冠受賞。大学3年時にはユニバーシアード日本代表に選出され、月形裕二市長(糸島市長)へ報告に訪れています。

卒業後は、JXに入社。

林 咲希 選手が入団したENEOSサンフラワーズは、Wリーグ11連覇・皇后杯8連覇で「絶対王者」といわれるチームで、国内トップレベルの選手が集まっています。

林咲希選手の活躍

2019年 国際強化試合でMVPに輝く

林 咲希選手の代表デビュー選となった、2019年の国際強化試合。ベルギー相手に3Pシュートを次々に決めて、チームを2連勝に導き、MVPに輝きました。

2019年 アジアカップ2019 in インド

林 咲希選手が途中出場した決勝の中国戦では、3本の3Pシュートと積極的なプレーでオフェンスに流れを生み出し、逆転優勝。チーム4連覇に貢献。

2020 FIBA 東京オリンピック予選 in ベルギー

林 咲希選手は大会ベスト5に選ばれる活躍でチームを牽引。

林 咲希 選手もケガに苦しんだ時期があった

順風満帆のバスケット人生を歩んできたようにみえる林 咲希 選手ですが、ケガに苦しんだ時期もありました。

2019年、代表デビューを飾った直後に、左脚の肉離れで戦線離脱を経験しています。

バスケを始めたきっかけは?

雷山ミニバスケットボールチームに通うようになったのが、バスケットボールを始めるキッカケ。

この雷山ミニの発足には、父である 林豊樹(はやし とよき)さんも関わっているそうです。

林 咲希 選手には2人の姉がいますが、その2人がバスケットボールをしている姿をみて、林 咲希 選手も同チームに自然と通うようになったんだとか。

林 咲希 選手ってどんな人?

林 咲希選手の名前「咲希」には、『希望の花が咲くように。周りに希望をあたえられるように』という意味も込められているそうです。

林 咲希選手のエピソードをいくつか読ませていただきましたが、本当にバスケに一生懸命で、チームのみんなに希望を与える存在だったということがわかりました。

まさに、名前のとおり「希望」という『明るいイメージにぴったりの人』だと思います。

何より、バスケットボールや学業に対して、「誰よりも努力する姿」に感動しました。

毎日一番早く練習を開始して、1日も欠かさず頑張った結果が、オリンピック出場とその活躍につながっているのだと確信しました。

林 咲希 選手のSNS

Twitter

Instagram

感想

https://xn--365-nb4b301tu46b.com/wp-content/uploads/2021/04/mama_san.jpg
ママ

福岡県・糸島市出身の女子バスケットボール選手、林 咲希 選手について調べてみました。

2020東京オリンピックでの活躍に、感動しっぱなしの毎日です。

いま私は、糸島で子育てをしていますが、子供達に糸島出身のすごい人の姿を見せられて良かったと思います。

林 咲希 選手の「幼い頃からバスケットボールに一生懸命向き合ってきた姿」、そして「オリンピックでの活躍」は、子供達に言葉で伝える以上の感動を刻みつけるでしょう。

子供達は、水泳を幼い頃から頑張っています。これからは、バレーボールや陸上もやってみたいと言っています。

いろんな夢や希望があるのは、とても良いことだと思います。

目標に向かって一生懸命頑張って、いつか夢を叶えて欲しいです。

最後に、

林 咲希 選手のこれからの活躍にも期待しています!

林 咲希 選手、がんばれ〜!!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP