林咲希選手 気になる!3ポイントシュートの精度を上げる練習方法 テレビ出演で話した内容とは?

女子バスケ、日本代表 林咲希 選手が、福岡の情報番組にテレビ出演しました。

2020東京オリンピックでの活躍と当時の心境などを、リモート出演の母校の精華女子バスケ部の監督や生徒からの質問などを交えながら話しました。

その中で、最も興味深いと感じた「3ポイントシュートの精度を上げる練習方法」について、林咲希 選手が話した内容をもとに、自分なりの考えを整理してみようと思います。

3ポイントシュートの精度を上げる練習方法

精華女子バスケ部の生徒からの質問に、林咲希 選手が答える形で話が進みました。

林咲希 選手が答えた内容は、以下のような内容でした。

シュートを練習するのはもちろんですが、ハンドリングをあげることで自分は3ポイントシュートの精度が上がったと思う。ハンドリングをたくさん練習して、シュートの感覚を磨くように意識して取り組むと良いと思う。

私のような素人からしたら、「意外な答え?」と感じましたが、選手を目指して日々頑張っているバスケ少年・バスケ少女にとっては、「すごいヒントになった人もいるんじゃない?」と思いました。

一般的に、3ポイントシュートの精度を上げる練習方法については、「腕や肘、下半身の使い方」などの解説になることが多いようですが、林咲希 選手の話は少し違いました。だから、面白かったです!

本人から話をきけることの素晴らしさは、苦しい練習でやっと身につけた技術のヒントを「一言」で学べることです。

林 咲希選手が学んだバスケ

あなたの「勝ちグセ」の精度を上げる方法は?

一流の人や実績を残してきた人の話を直接きけるというのは、とても貴重な機会です。

スランプの人・伸び悩んでいる人ほど、大きなブレイクスルーにつながることがあります。

専門書・解説書、DVDやYoutube、役に立ちそうな情報は、探せばいくらでも手に入ります。

林 咲希選手が学んだバスケ

ENEOS サンフラワーズが教えるバスケ

しかし、自分が何を実践して、何をしないかは、自分で考えて、自分で決定するしかありません。

ここで間違えば、スランプからは脱出できず、成功への道は長く遠いまわり道になるかもしれません。

学び方は、1歩進んで、直接、個別指導を受けることも簡単にできるようになりました。

「直接相談し、直接教えてもらえる」ことの素晴らしさは、前述のとおりです。

そして、相手に自分の現状を伝えて、的確なアドバイスを得られる、双方向のやり取りができるのはこの方法だけです。専門書・解説書、DVDやYoutubeは、単なる受け身になりがちで、その点が決定的に違います。

もし、あなたに、悩んでいること・不安に感じていることがあれば、ふさわしい相談相手をみつけて直接話をしてみるのはどうでしょう?

意外な「アドバイス」が得られるかもしれませんよ。

オンライン個別指導の一例

スポーツレッスン(バスケ:49件)

人間関係の悩み相談(会員専用)

感想

https://xn--365-nb4b301tu46b.com/wp-content/uploads/2021/04/mama_san.jpg
ママ

女子バスケの日本代表 林咲希 選手のテレビ出演は、スポーツ選手らしい、明るく堂々とした受け答えで、改めて「銀メダルおめでとう!」という気持ちになりました。

私が一番面白かったのは、もはや林咲希 選手の代名詞ともいえる「3ポイントシュート」についての話(練習方法以外にも、試合中のシュートの判断とか心境の話も面白かったです)でした。

そして、精華女子バスケ部とのコラボがすごい良かったと思います。監督の話やバスケ部員とのやりとりで、林咲希 選手の誠実な人柄もしっかり伝わってきたからです。

林咲希 選手の今後の目標は、「世界一のシューター」になることだそうです。これからも活躍して、夢を叶えてほしいな、と思いました!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP