年金を増やす方法|サラリーマンなら3つの方法で増やそう!

年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げ可能になります(22年4月)。

また、22年10月以降、パートも厚生年金加入大将になります。

年金を増やす方法について、選択肢が少し広がりそうです。

年金は、賢くもらえば増やせます。

サラリーマンとして働いている人の、年金の増やし方について。

年金を増やす方法

年金を増やす方法(サラリーマン)は、以下の3つ。

細かい数字は抜きにして、それぞれの方法をざっくり把握します。

  • 夫婦共働き
  • 長く働く
  • 受給開始年齢を遅らせる

夫婦共働きで年金を増やす

共働きの場合、基礎年金と厚生年金がそれぞれ2人分もらえます。

専業主婦(主夫)の場合、その人の分の厚生年金はもらえません。

夫婦共働きの方が、年金の受給額が増えます。

長く働いて年金を増やす

厚生年金の受給額は、年収と加入月数に比例します。

同じ年収の場合、長く働いたほうが厚生年金の受給額が増えます。

長く働いた方が、年金の受給額が増えます。

受給開始年齢を遅らせて年金を増やす

2022年4月から、年金の受給開始年齢を75歳まで繰り下げ可能に。

75歳まで繰り下げると、65歳満額に比べて184%の増額になります。

老後、本当に働けなくなったときに備え、繰り下げの検討はありかも。

年金の受給開始年齢を繰り下げた方が、年金の受給額が増えます。

年金だけでは足りない

老後の収入は年金だけ?

老後の収入は主に、年金収入・勤労収入・資産運用の3つ。

しかし、「老後の支出>老後の収入」で、資産を取り崩すケースが多い。

  • 年金収入:繰り下げで増やせますが、遅らせた分は別の収入が必要です。
  • 勤労収入:自分で働く収入なので、体力と雇用機会次第という場合も(※)
  • 資産運用:損する可能性もあり、老後までにどれ程増えるかは不確定。

結局、老後の主な収入は年金だけという人が、大半かもしれません。

年金で生活費が足りない場合は、ちょっと困ったことになりそうです。

※ 改正高年齢者雇用安定法(2021年4月施行)は、70歳まで就業機会の確保が企業の『努力義務』

老後の収入を増やす方法は?

私のオススメは、早くから長期的な視点で在宅副業をはじめてみること。

在宅副業で稼ぎ始めた人の平均月収は数万円。時給換算でも最低時給です。

しかし、自分のペースで続けられ、スキルがつけば年収増も夢じゃない!

体力もいらないので、年齢が上がっても続けやすいメリットがあります。

ITスキルは、定年後の勤労収入を増やす鍵になると言われています。

老後を見据えて、早目に始めてみては。楽しみながら稼ぐ方法もあります(^-^)/

1日1記事、たった1つのブログ運営で、あなたの趣味や好きな事が月収20万円を産み出す ホビリエイト2.0

感想

年金もらうのは、まだ先。「年金もらえるの?」ばかり気になってました。

転職騒動で、年金のことを調べる機会があり、シンプルに考えてみました。

老後の収入は、年金・勤労・資産。どこにウエイトを置くかはそれぞれ。

色々考えて、やっぱり「先のこと」って考えとかないとなぁ・・・と。

https://xn--365-nb4b301tu46b.com/wp-content/uploads/2021/04/mama_san.jpg
ママ

年金いくらもらえるのかしら・・・年金定期便、どこいったかしら〜。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

TOP