懸垂マシン 自作すごい!でも技術が必要。自作vs購入 比較してみた!

懸垂マシン自作について、ブログ、Youtubeに情報がまとめられています。

鉄棒みたいな形状で仕上がるかと思いきや、個性がでますね、素晴らしい!

ほんの一部ですが、懸垂マシン自作例について、まとめてみました。

懸垂マシンの自作例

懸垂マシン自作に関するブログ

懸垂マシン自作の為の、手順・設計図、部品の説明があってわかりやすい。

他にも、色々あります!シチュエーションにあったものを探してみると良いかも!

懸垂マシン自作に関するYoutube動画

懸垂マシン自作を、映像でみれるからわかりやすいです。

部屋の中、屋外(庭)、自宅の柱利用?など、バリエーションがあります。

懸垂マシン 自作には技術・知識が必要

懸垂マシンの自作には、技術や知識が必要なことがわかります(ブログ)。

ぶら下がり全体重を委ねるモノなので、安全性を考慮した設計が必要です。

室内に配置する場合は、地味に低騒音設計が必要。頑丈さも必要です。

自分で必要な材料を準備し、下準備して、組み立てる技術が必要です。

また、製作時には、作業スペース・工具・環境も必要です。

懸垂マシン自作と懸垂マシン購入の比較

懸垂マシン自作の場合

費用

設計やデザインに依存して、振れ幅大きいかも。

なるほど、長いパイプ1本買って切れば、コスト下げれるんですね・・・。

しかし、自作だからこその「拘り」が出る部分かも。最低1万円くらい?

手間

設計、材料購入、加工、組立、仕上げ、調整、などの手間が必要みたい。

完成までに日数かかる?と思いきや、数日で完成できるプロもいるみたい!

準備

  • 工具、その他(レンチ・スパナ・テープ、その他色々)
  • 作業スペース
  • 作業環境(作業の音、加工時の色々、周りの理解)

懸垂マシン購入の場合

費用

通常価格:10,980円
私の場合、クーポン利用で、8,980円で購入できました!

PYKES PEAK – 懸垂マシン

手間

ダンボールが届いたとき、デカ!重ッ!って驚いたけど、組立は1時間程。

小学生の子供2人にほとんど作ってもらいました〜(^-^)/

懸垂マシンを自作したくなる理由

そもそも、なぜ懸垂マシンを自作するのか?

これは「作りたい人」「商品レビューが不安な人」2タイプがいるみたい。

私には到底作れないので、購入するしか選択肢はありません。

商品レビューは不安でしたが、以下の点に注意して選びました。

  • 人気商品(レビューの数が多い)
  • 似た内容のレビューがあれば信憑性が高い(良い評価、悪い評価ともに)
  • 入門者用と上級者用を区別(もちろん私は入門者用)

懸垂マシン自作と購入を比較してみて

改めて、自作すごいな、と思いました!

しかし、知識や技術がなくて自作するのは難しいと思いました。

そういう意味では、購入した場合も、価格・手間も満足できるものでした。

当初、屋外に置く予定でしたが、デザインが良くて室内に置けました。

自作ほど自由にはできませんが、様々なニーズも取り込まれていて満足◎。

PYKES PEAK – 懸垂マシン

感想

私は、最初、マンション内でぶら下がれるところ無い〜?と探したくらい。

でも、自作の気持ちもわかります。特に、技術がある人なら尚更!

自作だと自分好みにできちゃうから、完成できたらスゴイんだろうな、と。

でも、私は購入派。

意外と安かったし、占有スペースもそこそこ。

組み立ても1時間くらいだったし、デザインも素敵でやる気UP!

どちらがいいかは、お好みで!

タイトルとURLをコピーしました