「楽しいリビング学習」の時代

子どもの勉強場所、子ども部屋がいいか?、リビングがいいか?悩む時期ありますよね。でも、私は、断然リビング派。専門家の意見も参考にしながら、楽しくリビングで勉強させています!

なぜリビングで勉強すると楽しいのか?

私は、子どもが勉強するときのベストな場所は、家族が集まる「リビング」だと考えます。

なぜなら、子どもが自分の部屋にこもってしまえば、何をしているのかわからないからです。

「部屋で宿題をしてくる」と言いつつ、マンガを読みふけっているかもしれません。Youtubeをボケーっと眺めているかもしれません。すべてに飽きて、寝ているかもしれません。

一方、「リビング」で学習させれば、親は子どもが勉強していることを自らの目でたしかめられます。

一番大きな魅力は、子どもが勉強でわからないことがあったら、その場で親や兄弟にすぐ質問できることです。

「リビング」は家族が集まる場所です。家族のみんなと楽しくコミュニケーションをとりながら、いきいきと学ぶことができます。

専門家の考えでは「子ども部屋は絶対の選択肢ではない」

一般に、小学校に入ったばかりの幼い頃は、一人で勉強部屋にこもって宿題をするよりも、すぐ親に質問できるリビングの方が勉強がはかどると言われています。学習習慣も無理なく身につくというメリットもあるので、実践している家庭も少なくないと思います。

また、教育の専門家によると、中高生であってもリビングで勉強する子どもも多いそうです。

子供部屋は必ず与えなければいけないものではない。小さな頃からリビングでの勉強を続けていると、中高生であってもリビングで勉強する子供が多いようだ。

「幼い頃から家族みんなでリビングで過ごす癖がついていると、場を共有することに抵抗がなくなるのではないかと私は考えています。結果、中高生になっても個室を欲しがらないという声もよく耳にしますね」

子供部屋っていつから必要?個室デビューのプロセスを早稲田大学の佐藤先生に聞いてきた

一方、建築の専門家の意見としても、家を建てるときに「最も必要ない」ものは、『子ども部屋』と言われています。最近は、リビング学習やフレキシブルに使える部屋を一時期だけ子供部屋とする、という使い方もあるそうです。(もう家づくりで迷わない!“住宅迷子”にプロが回答 新居にいらないもの1位は「子供部屋」

前述、教育の専門家も、子ども部屋は需要がなくなりつつあると述べています。

最近はダイニングテーブルで宿題をしたり、リビングの片隅に子供用スペースを作ってそこで勉強をさせる家庭が増えているため、個室の需要がなくなりつつあるんです

子供部屋っていつから必要?個室デビューのプロセスを早稲田大学の佐藤先生に聞いてきた

学び方や仕事のやり方も、大きく変わりつつあります。

「勉強=子ども部屋」という考え方も、時代とともに変わっていくのかもしれませんね。

勉強が進むのは子ども部屋が静かだから?

たしかに、子ども部屋なら「まわりに邪魔されず、静かに勉強できる」という面もあります。

しかし、静かな個室で勉強が捗るかどうかは別問題です。

それよりも、リビングで勉強すれば、子どもがわからないことがあったら、その場で親や兄弟の力をかりてすぐに解決できるというメリットがあります。

もし、親もリビングで、ノートパソコンを開いてドキュメントを作成したり、本を読んだりするなら、子どもにとって良い刺激になるかもしれません。

子どもは、親の真似をして、学び・育ちます。

【新常識】勉強は机やイスがなくてもできる

最近、子どもの勉強方法をみて、つくづく思うのは、子ども部屋がなくても、「いつでも・どこでも勉強できる」ということです。

それどころか、勉強はきちんとイスに座ってやらなくていい!寝転がりながらやったっていいいう!のが我が家の新常識です。

専用タブレットを使って勉強する進研ゼミの「チャレンジタッチ」を家庭用学習ツールとして使いはじめてから、今までの「勉強に対する古い考え方」は、完全に打ち砕かれました。

子どもは床やソファーでゴロゴロしながら、専用タブレットで計算ドリルを解いたり、電子図書館から読みたい本を自由に借りてきて読書をしたりします。

このような勉強方法が、我が家では普通です。むしろ、机で勉強するほうが短いくらいです。

わからない問題があったときや、本を読んでいて知らない言葉が出てきたときなどに、子どもは近くにいう親に「『〇〇』ってどういう意味?」と気軽に質問できます。

すぐに答えてあげたり、スマホやノートパソコンを使って、深堀りして一緒に調べるのが、とても楽しいです!

子どもが興味をもったり、疑問に思うことが出てきたタイミングを逃しません。それが子どもの学力を伸ばすことにつながるからです。

リビングで勉強するのは楽しい!

私は、子どもが勉強するときのベストな場所は、家族が集まる「リビング」だと考えます。

もうすぐ、子どもが中学生になります。プライベートな空間を準備するために、子ども専用の区画は準備しようかな・・・と計画中です。

一方、リビングには少し広いテーブルに変更予定です。家族みんなが勉強できるスペースを確保できるといいな、と思っています。

あいかわらず、勉強の場は、リビングになりそうです。

子育ての悩みを解決したい

子育ての悩みは、家庭ごとに違います。

悩みから救ってくれたのは、同じ経験を乗り越えた人達からのアドバイスでした。

誰でも気軽に相談できます。ご参考までに。

【関連記事】もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、子育てのお金 「子育ての悩み解決 厳選リスト」10+
【関連記事】「うちの子だけなんで?」と心配になったら相談できる。運動が苦手、運動発達、子供の手の使い方・歩き方、発達障害、身長の悩み 「子供の成長の悩み相談リスト」10+
タイトルとURLをコピーしました