子供と親の信頼関係

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子供と親の信頼関係

子供と親の信頼関係を強くするという考え方

子供と親の信頼関係を強くするという考え方は、昔から変わらないのではないでしょうか。私、育児休暇中に当時小学5年生の長男が風邪で寝込むことがありました。

その時に、非常に辛かったんですけど、長男が私のことを考えて作った離乳食を全部食べてくれたんですね。それを見た時に心が「私の言うことをちゃんと聞いてくれてる。母親の私を愛してくれてる」と理解したのです。

それは1人の人間の心ですので、子供に対する信頼と親に対する信頼は、その子の成長の中で非常に大事な一つの要素であり、信頼関係であると思っております。そのために必要なことは、信頼感を与えるために、子どもにしっかりと向き合い、信頼する。

お子さんが困難を抱えてしまっても、やはりちゃんと話を聞く、そして信頼してあげる。そして、何よりも親にきちんと頼っていい。こういった積み重ねが大事であると考えております。子どもの安全確保については、保護者からの安心・安全の視点から情報提供をいただき、ともに安全について考え、寄り添うといった取り組みが重要であると考えております。

子供と親の信頼関係を強くするオススメの方法

子供と親の信頼関係を強くするオススメの方法は、怒って、叱りすぎないことです。赤ちゃんは、泣きたいときがあるので、赤ちゃんが泣いたら抱っこしてあげ、あやしてあげましょう。

そうすれば、赤ちゃんも泣かずに我慢することができます。赤ちゃんは、自分の要求を通すためだけに泣くわけではありません。ママやパパも、自分の気持ちを分かって欲しいとき、泣くことがあります。赤ちゃんが泣いたときは、ただ話を聞いてあげたり、あやしてあげたりするだけで十分です。

もっとちゃんとやらなきゃダメだ!と怒らず、静かに見守るのがベストです。“子どもには甘えたい放題、イライラさせない育児”これが子どもと親の信頼関係を育てます。 信頼関係を築いた親子は、お互いを信頼し合い、お互いの話をよく聞いてくれます。この関係こそが“子どもの自立”に大きく役立ちます。赤ちゃんの時から、親はいつも子どもの味方であることが大切です。

子供と親の信頼関係がうまく築けない場合

子供と親の信頼関係がうまく築けない場合は、どのようなことでも不安になってしまうことがあります。どんなことでも親は子どもに教えたり手伝ったりしますが、度が過ぎると、子どもの方が親に対して、反発するようになってしまうのです。

親が子どものことを大切に思うからこそ、不安になることが多いものです。子どもは親の持ち物や仕事ぶりに厳しく言いますし、けがや病気、またお金の使い方に対してもしっかりと注意するのではないでしょうか。

それは大変大切なことです。しかし、あまりにもうるさすぎたり、干渉しすぎたりすると、子どもから「頼りにならない親」というイメージを持たれて、親子仲がこじれてしまうことがあるのです。教育ママの中には「子どもが可愛い」からこそ、親としての自分の正しさを貫き通そうと考える人がいます。

その結果、自分が正しいと思ったら、子どもを自分の思い通りに育てようとします。このように子どものことばかりを、厳しく注意したり指示したりするのは、子どもに対して良い影響をもたらすことはありません。

親が自分の行動を正当化するために、子どもに無理な行動をさせて、「しつけ」をしてしまう場合もあるのです。

タイトルとURLをコピーしました