子どもが勉強しない!家で勉強をする子しない子の二極化

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもが勉強しない!家で勉強をする子しない子の二極化

家で子どもが勉強をするという考え方

家で子どもが勉強をするという考え方は、家裁の調査でも家裁の処分でも、およそ半数が高度経済成長期の子ども時代、戦後の子ども時代でした。今の親は、子どもが勉強したいと思うようになった時に、勉強する環境を準備します。現代の大人にとっては当たり前のことでしょうが、子どもの勉強はどうしたらいいかと頭を悩ます親が親になった時代が子ども時代です。

では、今の子どもたちにとっての勉強はどのようにしたらいいのでしょうか。勉強したくないと思ってする勉強と、しっかり勉強したほうがよいのではと迷った時の勉強とでは全く異なる。

では、どうすればいいのか。今の親たちは考え続けなければなりません。勉強ができることがその人の価値ではないという認識の押し付けはよくないと常々思います。勉強ができることに着目し、教育するのではありません。

勉強ができるということが人生において有利に働く社会になること、そのために勉強することの意味を教えることが教育だと思います。子どもの立場を大事に、子どもの立場に立って考えることです。最近の大学入試システムは、子どもの勉強に対して距離を取ろうとしすぎていると思います。

家で子どもが勉強するオススメの方法

家で子どもが勉強するオススメの方法は、もちろん家で勉強をするのがいいんですが、できることならどこかに連れていってあげるといいですよ。周りの子どもたちには、家でも勉強する子もいますし、うちの子は家にいる時、私が仕事から帰ってくると疲れてごはん食べながら横になっていることがよくあるので、休日にたまに子どもをどこかに連れていく程度でした。ですが、やはり、今は塾時代と違って、社会に出れば勉強ができません。

そこで、社会に出ても役に立つことを勉強する時間に充ててほしいと考え、年に3回くらいは、私が大学生の娘と図書館に行ったり、ママ友に紹介してもらった小1の子が幼稚園に行っているあいだに、本人が行きたいというスケートリンクに連れて行ったことが、今となってはいい思い出です。また、家でやる勉強に飽きたら、図書館や公園でボーッとするのもおすすめです。

小学生ともなると、皆それぞれ一通り、自分のやりたいことを見つけて、友達と遊びに行ったりゲームしたり遊んでいると思うので、私も私もというので、困らせたと思います。

家で子どもが勉強しない場合

家で子どもが勉強しない場合は、こういった方法で、家庭内のコミュニケーションを密にすることも一つの解決方法になるのです。家族全員が関わることによって、子どもにとって良い影響を与えることができますし、会話も自然と増えるので、一人ぼっちになりにくいという点もメリットとなります。家庭でのコミュニケーションを密にし、モチベーションも保てる環境を作ることが、重要となるのです。

少しずつ、毎日勉強を習慣化させていくとよいでしょう。子どもが嫌だと感じる環境を作らないことが大切です。無理強いをせず、子どもが自分で勉強することを考え、できないところを一緒に見守ってあげることです。そうなれば子どもも勉強を楽しめるので、苦ではなくなるでしょう。

家庭でのちょっとしたコミュニケーションの変化でも、勉強に対する環境は大きく変化するのです。時には、積極的にコミュニケーションをとり、子どもの成長を促すことも必要です。家庭内の環境作りを常に意識することによって、子どもも安心して勉強に向かいやすい環境を整えられます。

子どもをただ責めるのではなく、子どもの成長を助けるための対応を考えることが重要なのです。コミュニケーションをとる時には、ゲーム的な要素を取り入れるのも効果的です。

タイトルとURLをコピーしました