親も子どもと一緒に学ぶ

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

親も子どもと一緒に学ぶ

親も子どもと一緒に学ぶという考え方

親も子どもと一緒に学ぶという考え方は、本当に助かります。特に4歳から6年生までのお子さんをもつお母様方は、プログラミングの楽しさを実感する良い機会ですね。

生徒さんたちも面白くて仕方ない様子で、つい熱がはいってしまいます(笑)。きっと、皆さんの目が輝き出すのではないでしょうか。先生、先生ー!という子どもたちの姿を目にし、喜びとやりがいを感じています。

授業を通して、これまで以上に楽しんで一緒に学んでいただけたらうれしいですね。保護者様が安心される、寄り添った対応と指導を心がけています。これからプログラミングをはじめてみたいけど、不安だなと思っている方はぜひお気軽にご見学くださいね。

精一杯サポートいたします!個別サポートも積極的に取り入れています。小さいお子さんからご高齢の方まで、どの年代の方にもご満足いただける教室を目指しています。どうぞお気軽にお越しくださいね。

親も子どもと一緒に学ぶオススメの方法

親も子どもと一緒に学ぶオススメの方法は、先生が子どもたちの悩みを引き出すこと。たとえば、「サンタクロースは本当にいるの?」「サンタクロースは家族なの?」「サンタクロースはみんなをどこに連れていくの?」「サンタクロースがプレゼントを運んでくれた先に何があるんだろう?」「サンタクロースの正体はいったい誰なの?」といった子どもの素朴な疑問や質問も気軽に質問でき、一緒に考えることができます。

このようなことから子どもは、サンタクロースとのつながりを実感できるはずです。子どもが「サンタクロース」を信じている間は、親はその間、サンタクロースを信じてよいことを教えたり、親がサンタクロースとして子どもとクリスマスを過ごし、子どもに親の存在を知らせたりするのもいいかもしれません。

親が子どもの日常生活にさりげなく入り込み、子どもが本当にサンタの存在を信じているのかを見極めることで、本当のクリスマスの楽しみ方を伝えるきっかけになるかもしれません。もちろん、子どもと一緒のときも親は、一人ひとりに対して適切に接する、サプライズを行うといったことを忘れないように気をつけましょう。

子どもと一緒に学ぶ時間がない場合

子どもと一緒に学ぶ時間がない場合は、パパやママが教えてあげることが大切です。では、コミュニケーションが苦手な子はどう対処すればいいのでしょうか? 今回は「親が教え、子は学ぶ」方式です。

「ほら! わからない子、ちょっと来て!」と子どもを呼ばない場合は、子どもが気まぐれに教室に入ってくることもあると思います。その場合は「どうぞ! いま、わかったこと教えます」と、簡単なことを言って、子どもの視界に入るようにしましょう。

「わかった?」「できた?」と聞かれるよりも、ずっと簡単な方法ですよね。子どもは単純でわかりやすい先生のほうが、集中しますし、わかりやすいですよね。さらに自分から「わかった」と言いやすいですから、次につながることができます。

ちょっと難しそうな言葉や、難解な数式には、先生が説明するかもしれませんので、気楽に任せておけばいいのです。でも、教室に来るだけきたら「わかった? どうだった?」ではなく、子どもがわかるまで教えるという根気強さを養って欲しいですね。教えたことの3割は忘れるくらいに思っていた方がいいと思います(笑)。

タイトルとURLをコピーしました