子どもを英語に慣れさせる

スポンサーリンク

子育ての悩みを今すぐ解決!使って良かった「子育てサービス」

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもを英語に慣れさせる

幼い頃から英語に慣れさせるという考え方

幼い頃から英語に慣れさせるという考え方は、日本の子どもたちには何の抵抗もなく、無理なく自然に、成長していけるような環境にあります。英語に対する抵抗感が少なく、自然と英語になれるチャンスがたくさんある環境と言えます。

お家での生活や学校などで、楽しく英語に接しているうちに自然と“英語が楽しくなった”と思えるお子様も多いようです。そのような環境の中で、英語に触れることを楽しみながら、お子様は英語を習得していきますので、自然と英語力が身についていくのです。

しかも、日本語と同じように、英語も生きた言葉。英語特有のセンテンスにたくさん触れることで、語彙力も自然と身についてきます。語彙力を身につけるには、繰り返し触れることが大切です。英語はすぐ飽きる、というお子様をお持ちのお母さんやお父さんには、“楽しい”という環境づくりがとても大切だと思います。

最初は声に出して読むことすら難しかったお子様も、レッスン後はおうちで“英会話”を楽しんでおられるようです。楽しそうな様子から“小さいときから楽しい環境づくりを大切にしたい”と感じられる方もとても多いようです。

英語のヒヤリングが苦手な場合

英語のヒヤリングが苦手な場合は、先回りで自宅で教えてくれていた先生と、直接教えてもらう先生のどちらかにすれば安心です。ほとんどの先生は、まずレッスンを始める前に必ずこのやり方で教えていただけます。

このどちらか片方の方法がはじめてなら、テキストや英文を見ながら先生についてきてもらいましょう。テキストを使うなら、発音だけでなく単語やイディオム、フレーズの意味、また同じ単語でもどういった流れで使えばいいか、などといったことを教えてもらうのが早いです。

慣れていくにつれて、授業中の暗記なども楽になりますよ。ただし英会話は慣れても文章や文章を読む機会は減るので、最初はより時間をかけてじっくり教えて欲しいという希望があれば、先生に伝えて調整してもらうといいかもしれませんね。

あとは、授業中のあいさつや自己紹介の方法も知っておきたいですね。ネイティブの人たちは、日本人とは違いカジュアルな場面でもしっかりした口調で話すことが多いですが、初めはゆっくり話し始めることが多いそうです。

あまりにも早口で話がきき取れなかったり、間延びしてついていけなかったりすれば、話したいという気持ちを起こさせることはなかなか難しいですね。

タイトルとURLをコピーしました