小学生の不登校どうなる〜先生とのトラブルが原因?

子育ての悩み解決!おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜先生とのトラブルが原因?

子どもが先生とのトラブルが原因で不登校になった場合

子どもが先生とのトラブルが原因で不登校になった場合は、その後の学校生活はとてもつらいものですよね。学校生活の毎日がつらく、日常生活が楽しくなくなってきます。

子どもが、「先生の機嫌」が良い時だけ学校へ行こうとしたり、どうしても学校へ行きたがらない場合なども、トラブルが長引いたり不登校が長期化したりする恐れがあります。

このような場合は、学校や先生との信頼関係が最も大切になります。

子どもと先生の間に誤解があるかもしれません。保護者が、「先生の気持ち」を子どもに正しく伝えたり、「子どもの気持ち」を先生に上手に伝えることで、子どもの気持ちに寄り添えるようにしましょう。子どもの気持ちを理解してくれる先生が1人いるだけで、グッと信頼関係が増えます。

子どもが学校に行きやすくなるように話をきいてあげるのが、最も大切です。

一方で、子供の悩み・トラブル解決法 小学生が学校に行かない原因として、最も多いケースが“先生の授業に納得できない” ことです。だんだん授業が理解できなくなり、「学校に行きたくない」ということにつながるケースも少なくありません。

楽しい学校生活が送れるように、普段から子どもの様子に関心を持って接するようにしましょう。

子どもが先生とのトラブル原因で不登校になった場合の対応の仕方

学校に通っている子どもは、「学校に行きたくない」なんて言えずに、我慢をしている場合がほとんどです。それにもかかわらず、突然、「学校に行きたくない」と伝えてきたら、そのときはまずお子さんがなぜ学校に行きたくないのか、きちんと子どもの気持ちに寄り添い、そしてその気持ちを大切にしてあげる必要があります。

学校でのトラブル、先生とのトラブルが原因で、子どもが不登校になる場合もあります。

子どもが本当に行きたくないと思っている学校だったら、無理してでも行かなければいけないというわけではありません。お子さんの気持ちに寄り添い、子どもが安心して登校できるようになるまで親が待つことも大切です。

子どもが不登校になってしまった場合は、担任や学校の先生と一緒になって、解決策や今後の見通し・対応方法などを相談したり、考えたりすることも必要です。

子どもが先生とのトラブルが原因で不登校になった場合、専門家へ早目の相談

子どもが先生とのトラブルが原因で不登校になった場合、担任や専門家、スクールカウンセラーなどに早目に相談した方が良いです。

理由は、子ども自身が抱えている「学校の問題」を取り除くには、スクールカウンセラーや担任の先生と話をした方が早期対応が期待できるからです。また、心構えの方法や、子どもと先生とのトラブルで「子どもが先生に怒りの矛先を向けている」場合の対処方法などをアドバイスしてもらえる可能性があります。さらには、不登校になってしまった子どもへの接し方や注意点なども教えてもらえます。

不登校の子どもが、保護者にどのように対応してもらえたら、不安に思ったり悩んだりすることが少なくなるかを理解することが大切です。保護者としての責任を果たすこと、家族一緒の時間を過ごすこと、一緒に不登校について勉強することが、子どもの心に寄り添うことにつながることになります。

子どもが再び登校できるようになるよう、専門家の力を借りて解決しましょう。

相談:もう子育てを一人で悩まなくていい

不登校の子どもと学校の先生関係、参考になるかもしれません(マンガで読みやすいです)。

タイトルとURLをコピーしました