子どもの不登校〜先生が怖くて学校に行きたくない

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜先生が怖くて学校に行きたくない

子どもが先生が怖くて不登校になってしまった場合

子どもが先生が怖くて不登校になってしまった場合は、子どもの不安を取り除き、立ち直るきっかけを与えます。たとえばカウンセリングを行い子どもの心のひっかかりを取り除き、子どもが持っている考え方を整理することが有効です。カウンセリングを行うことで、子どもは立ち直ろうとする強い気持ちを持つようになります。

カウンセリングによって子どもの思いを受け止めることで子どもは子どもとしての自信を取り戻し、元気に登校できるようになります。不登校になった子どもは、親にとって悩ましい存在です。

子どもはなぜ学校にいけないのか、親として子どもの心を理解できるわけではありません。子どものことを理解できない親であるということを自覚し、子どもの話を素直に聞くことが大切です。不登校は子どもが精神的に追い詰められている状態でもあります。

子どもの話を聞き、子どもの心を受け止めることで、子どもの心の中にある不登校の暗い影も少しずつ薄まっていくでしょう。子どもが元気になるまでは、保護者の側にしっかり向き合うことも大切です。精神的な支えになることは、子ども自身にも必要です。

子どもが元気で学校に行けるようになるまで、保護者の側には元気をなくした子どもの心を受け止めることが必要不可欠です。

子どもが先生が怖くて不登校になってしまった場合の家庭での対応の仕方

子どもが先生が怖くて不登校になってしまった場合の家庭での対応の仕方は、担任制か、あるいは少人数制かによっても異なります。例えば1学年のクラス数が20人の小規模校だった場合、担任が学年全員の子どもの顔と名前を把握しています。そのため、子どもが先生に話したいことをいつでも相談できます。

また、先生方がクラス全員と話し合って必要な指導計画を立てるため、子どもの生活リズムの安定に効果があります。ただし、子どもたちの日常生活への影響が大きくなるため、学級会を開くなど、子どもにも意見を聞いて進めていく必要もあります。また、保護者・担任・教諭の三者で話すことを申し合わせておくことも大事です。

反対に、小学校1、2、3年合同のクラス編成の学校の場合、比較的「一学級あたりの生徒数が多い」状態です。そのため、先生からすると「全員の子どもの顔と名前を知っている」状態ではありません。

しかし、在籍する子どもの数が多くても、1人1人の名前を把握している必要はありません。そのため、担任・副担任の先生がすべての子どもを把握し、必要に応じて情報を共有することもできます。

子どもが先生が怖くて不登校になってしまった場合の家庭での対応の仕方を、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもが先生が怖くて不登校になってしまった場合の家庭での対応の仕方を、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、その辛さは子どもの「不登校」の事実だけでなく、これまで自分の為にかけ続けてくれた愛情の数々、周りの人や、大人たちや、そして何より自分を心の底から「愛している・信じている」という無限の愛を感じられなくなってしまっている、「うつ病」で苦しむ子どもにはとても難しいことであるからです。それを「辛い」という言葉でおろすのではなく、これまで自分が「してもらったこと」、「してもらったこと」ではなく、それぞれ子どもの頭の中でどんな風に思い、感じ、今まさに自分の目の前で苦しんでいる子どもの心や、自分の存在って何だろうという問いへの答えを探し、今までの考え方にとらわれずに、自分の直感、直感を大切にしながら行動できるためのきっかけになるからです。

タイトルとURLをコピーしました