子どもの不登校〜ご飯を食べなくなる

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜ご飯を食べなくなる

子どもの不登校で子どもがご飯をたべなくなる理由

子どもの不登校で子どもがご飯をたべなくなる理由は、家庭の生活環境や子ども自身に障害があるかないかなど、様々な理由があるため原因を簡単に見つけることは難しいです。不登校になった子ども達は生きる意味を見出せず自信を持てないでいることがほとんどです。なので、不登校になった原因を探ろうとせず、子ども自身が理解できるように子ども自身のために解決策を一緒に考えることが重要です。

子ども自身が解決策を理解できれば、例え学校に行けなくても自信を少しずつ取り戻すことができるはずです。そして、生きる自信を取り戻した子どもは、学校に行けるようになる可能性もあります。

なので、子どもが不登校で悩んでいるなら、まずは子どもの話をゆっくりと聞いてあげて、不登校になってしまった原因を理解するように努めてあげて下さい。しっかりと子どもの気持ちを理解して、子ども自身が学校に行きたいと思えるように支えてあげることが大事です。

そうして、子どもの相談にのってあげることが、親としてできる子どもの未来のためにできることです。大人はどうしても子どもの話を先にします。

しかし、子どもが不登校になった原因をそのままにして、解決策を示しても不登校が改善される可能性は低いです。

子どもの不登校で子どもがご飯を食べなくなったとき親ができること

子どもの不登校で子どもがご飯を食べなくなったとき親ができることは、親が一緒に食べることです。でも、まずは子どもの不登校に親が苦しんでいる気持ちを十分理解してあげて、感情的にならないようにします。そのうえで、一緒に食事をすることで自然と子どもの気持ちも緩むでしょう。

それと同時に、食器の用意が親の役割になってくるでしょう。食器は子どもの不登校でなくても使うものです。しかし、親の好みや年代で選ぶ食器とは違っていることがあります。子どもが不登校だからといって、親の好みや年代によって食器を変えるわけにはいきません。親が使い慣れた食器でもいいので、子どもの不登校だからといって別な食器を用意するのではストレスになってしまいます。

不登校でなければ子どもは不登校でなくても使うであろう食器を中心に、子どもの好きなものでのせてあげましょう。これは、親御さんも一緒に食べれるようになるために、おたがいが一緒に食べれる食器に慣れるという効果があります。

また、不登校になってからの食事は親の方がストレスが溜まっているものです。子どものために栄養バランスの良い食事を作るのは難しいですよね。

特に、最近は外食も増えており、栄養が偏っている可能性があります。

子どもの不登校で子どもがご飯を美味しく食べれるようになるために

子どもの不登校で子どもがご飯を美味しく食べれるようになるためには、どうしたらよいのでしょうか。食事に対して、子どもが不信感を持つようなことがないか、家庭でぜひ話し合ってみてください。食事は人生の基本です。

食事が楽しくなかったら、仕事に行くのもイヤになったり、外出したいと思わなくなります。子どもたちにとっても「楽しい」「喜び」がなければ、それが「自信」につながりません。どんな子でも、食事を楽しむことができるようになることを目指してください。

子どもが不登校から立ち直っていく際に、もっとも必要なことは「自信」と「楽しさ」です。自信を持てない子どもは、ほかの多くの子どもとも同じように遊んでやったり、指導したりすれば、自分も同じように自信がもてるだろうと考えることがあります。

しかし、そんなことをしていては、いずれ孤立してしまいます。そんな中でも、楽しいことを見つけて自信につなげていく必要があります。どうしたら、子どもたちが食事をする際に、自分から「食べてみたい」と思い、自らすすんで食べてくれるようになるのでしょうか。

まずは、家庭でも子どもたちといっしょに作る食事、「家族団らん」が一番だと考えています。

タイトルとURLをコピーしました