子どもの不登校〜子供と真剣に向き合う

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜子供と真剣に向き合う

子どもの不登校でもう一度、子供と真剣に向き合おうと考えた場合

子どもの不登校でもう一度、子供と真剣に向き合おうと考えた場合は、子どもの気持ちがどこまで分かろうとしているのか、その奥に息づく魂について見つめてみると、真の問題は明らかになるはず。 今回は、息子を不登校に追い込んだ教育制度の本質について、ちょっと考えてみたいと思います。 誤解しないでもらいたいのは、教師がダメとか、そういうことではありません。

ただ教育現場で教師というものに本当にそこまで期待していいものだろうかということなんです。

子どもの不登校でもう一度、子供と真剣に向き合おうと考えた場合に親ができること

子どもの不登校でもう一度、子供と真剣に向き合おうと考えた場合に親ができることは、まずは「信頼関係を築くこと」。以前と同じように接しているか、変化に気がついて接しているか、日々のちょっとした変化に目を向けて見守ってあげることが大切です。信頼関係がない場合、不登校が長期化してしまい、社会復帰が難しくなってしまいます。

不登校の子供は、いろいろな問題を抱えています。ひとりひとり異なる悩みや不安を早期に発見し、しっかりと向き合ってあげてください。そして、なるべく多くの仲間と関わり、学校以外の学校行事にも参加できるように、家庭・学校・地域が一体となってサポートしてあげることが大切です。

また、思春期の子供は、反抗期でもあるので、親が過保護になり過ぎないように注意が必要です。子供同士でぶつかった時、子供に「どうしてそんな言い方するんだろう」と反論することは逆効果になってしまいます。

親子で気持ちのすれ違いがないように、一度じっくりと話をしてみてください。話し合う中でお互いに理解して、お互いの問題を解決していくのが先決です。

それくらい子供は大人を信用しています。

子どもの不登校でもう一度、子供と真剣に向き合おうと考えた場合に親ができることを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもの不登校でもう一度、子供と真剣に向き合おうと考えた場合に親ができることを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、下記の記事をぜひご覧ください。子供不登校に対する親の対応、接し方という記事です。お子様や家族が、「学校へは行きたくない」と感じている場合、登校意欲の低さや「不登校の期間」ばかりに目を向けてしまうことで、不登校の原因を深く掘り下げることが疎かになってしまっていることが不登校の原因の一つです。そこで、不登校の原因がどこにあるのかを知ること、そして、そこから親子で向き合うことで、学校に行かなくてもいい、辛い思いをさせなくてもいいということが、親子で共有できれば、子供も毎日を元気に過ごしていけるようになります。

そのような親子関係を築くことができるよう、今回の記事をぜひ参考にしていただければと思います。ぜひ最後までお読みいただき、皆様の家庭でも、不登校を苦に思わないよいコミュニケーションが取れるようになることを願っています。

最後までお読みいただきありがとうございました。ご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました