子どもの不登校〜子どもに読書をさせてみる

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

子どもの不登校〜子どもに読書をさせてみる

子どもの不登校で子どもに読書をさせて元気をとりもどそうと思った場合

子どもの不登校で子どもに読書をさせて元気をとりもどそうと思った場合は、ぜひ参考にしてみて下さい。本当に効果のある本を中心に紹介していきます。どんな本を選んだらいいか分からないと言う方はまずこの本を参考にして下さい。不登校の要因別にオススメの書籍を紹介しています。

書籍の中にも、書籍の選び方についても書いているので、是非参考にして下さい。では早速説明していきます。不登校の要因は子どもの性格に負…子どもが不登校になったら元気になる読み物5選1.勉強の遅れは精神状態にも影響不登校の要因になっている家庭のストレスはとても深刻で、勉強がおろそかになったり勉強で悩んだりすることでうつ病になってしまうケースもあります。不登校になら…2週間前に不登校になり、毎日4~5時間かけて学校に通っていた女の子がいました。

学校は楽しくなかったものの同級生は優しい子ばかりで毎日が楽しいようで、毎日のように楽しそうに学校へ行き、先生に誉めてもらうことでいつも心が満たされているような子でした。

子どもの不登校で子どもに読書をさせてみようと思った場合に親がすべきこと

子どもの不登校で子どもに読書をさせてみようと思った場合に親がすべきことは、本を読む環境づくりです。自分の子ども時代を振り返って、一番大事だったことは、「部屋の温度が心地よく、部屋が暗かったこと」だそうです。しかし、そのような環境は親のエゴであって、本を読む子としない子の分岐点は、「親といっしょに読書をする」ことにあります。

読書は「読まなければいけない」と思ってしまうと、ストレスになってしまいます。子どもはおもしろいから読んでいるのであって、親といっしょじゃなければ決して本を読まないと思うのが、親としてのエゴだと語る著者。

読書をしたかったら「自分で読みなさい」でよい。そして、親が読書をすることが悪いことだと教育する必要はなく、親が本を読んでいたとしても、子どもがそれを勉強のために読んでいると思わせなければいいのです。また、本にはよいこともあるということも、子どもをある程度、成長させてから教えるほうがいいそうです。

子どもがいい本を読むと、よいことが自分にとってプラスに働いてくるので、それが子どものやる気につながるからだそうです。

子どもの不登校で子どもに読書をさせてみようと思った場合に親がすべきことを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由

子どもの不登校で子どもに読書をさせてみようと思った場合に親がすべきことを、専門家に相談したり、同じような問題に悩んだ経験のある人にネットで相談してみることをおすすめする理由は、子どもが“学んでいくこと”や“成長していくこと”の喜びを実感し、「自分は認められているんだ」「みんなと同じことができている」と感じられるようになるからです。それは、不安や心の負担を和らげ、自信を取り戻せるきっかけにもなるでしょう。一方で、子どもが学校に行かないことで親が子どもに対して抱いている気持ちは、子どもが学校に行っていないとわからないことがたくさんあります。

さまざまなきっかけで親子関係がぎくしゃくする中、子どもが学校に行っていないことをきっかけに家庭での会話が減ってしまったり、口論になったりすることは少なくありません。学校や友人関係で不登校になった子どものなかには、親への不信感や親の存在感のなさから、心の中にさみしさや憎しみを抱えている子もいるでしょう。

不登校になった子どもが親と“つながる”ために、親はどうすれば良いのか、保護者相談室のメンバーが専門家の先生方と共に考え、提案していきます。

タイトルとURLをコピーしました