スマホ依存の中学生が燃え尽き症候群になりやすい?

スポンサーリンク

おすすめ情報

スマホ依存の中学生が燃え尽き症候群になりやすい?

スマホ依存の中学生が燃え尽き症候群になりやすい理由

スマホ依存の中学生が燃え尽き症候群になりやすい理由は、脳が習慣化されるスイッチが身体の中に組み込まれているからだと考えられています。これは「エンドルフィン」と呼ばれる快楽物質が脳内に多く分泌されている状態です。 アタマの中の「美味しい」と感じた味覚神経に刺激が加わり、「快感」を感じます。

そして快感の根源には「快感ホルモンの分泌」があり、エンドルフィンとβエンドルフィンという物質が脳内で分泌されます。このβエンドルフィンの分泌によって心地よい気分になり、エンドルフィンが増えることにより、ドーパミンやノルアドレナリンという物質は抑制されやすくなります。

言い換えると脳に「習慣化(エンドルフィンと快楽物質へのスイッチ)」されることで、運動や勉強といった行動をしなくてもドーパミンやノルアドレナリンが分泌される状態に陥ってしまい、過剰なトレーニングを無意識のうちにしてしまいます。 こうしたことからも燃え尽き症候群が中学生という発達期に多く発症することはうなずけます。

スマホ依存の中学生が燃え尽き症候群なってしまう場合の対処方法

スマホ依存の中学生が燃え尽き症候群なってしまう場合の対処方法は、依存状態から抜け出せるように努力をすることです。まずはスマートフォンから距離を置いて、余計な情報で頭がいっぱいいっぱいにさせないようにします。またスマホに執着し過ぎてしまう時は、スマホを見ずに紙に書き出し、心の整理をするのも効果的です。

ただし自分だけで解決しようと思ってしまうと、親が手を差し伸べたときに乗り気では無かったとして自分の思いを否定してしまったり、依存状態から抜け出したせいで親からの信頼を失ってしまう恐れもあります。そのような事態にならないためにも、絶対に依存から脱出したいという気持ちを持って、親が子供の味方になってくれることを信じて、協力して解決していきましょう。

また思春期の子供は言葉遣いが悪く、悪態をつくことが増えます。そのような子供を注意する際も、親の力だけで叱っても子供が反発してしまって逆効果になってしまうだけです。そのため、必要以上に感情的にならないよう、子供が言いたいことをきちんと聞いてあげたり、嫌だと思うことを根気強く指摘してあげる必要があります。

タイトルとURLをコピーしました