スマホ依存の中学生にはスマートフォンを置いて外出する体験が必要

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生にはスマートフォンを置いて外出する体験が必要

スマホ依存の中学生にはスマートフォンを置いて外出する体験が必要な理由

スマホ依存の中学生にはスマートフォンを置いて外出する体験が必要な理由は、実際にスマホ依存から抜け出して得られた気づきです。このスマホ依存の自覚は、すでにスマホ依存から脱出している方にも大きな気付きをもたらしてくれるはずです。スマホで友だちとつながり合うことにだけ依存していれば、ふと気が付いたときには「周りから置いていかれた」気持ちになるものです。

依存から脱却できない人は、友達とのつながりさえも不要だと思い込んでいます。スマホを見て友だちとつながっても、SNSしかつながりのない友だちに対して「ただ単にかまってほしいだけの女」だと思うようになってしまっているのです。

また、スマホを見て友だちとつながっている自分を当たり前だと思っているため、そこから離れようとしません。しかし、スマホを見て友だちとつながることは楽しいことです。

スマホを見てばかりでは友だちとつながることはできません。スマホを見てばかりで、スマホを使っているときの友達のリアクションがないことに気づき、「自分でスマホで友だちとやりとりしないとさみしいんだ」と気が付きます。スマホを持って外出する経験は、スマホ依存を脱却するためにはとても大切です。

スマホ依存の中学生にスマートフォンを置いて外出を体験をさせる場合のポイント

スマホ依存の中学生にスマートフォンを置いて外出を体験をさせる場合のポイントは、必ず保護者の同伴、携帯の預かる時間を制限して確実に返却すること、アプリを使うなら危険度チェックをさせる。パスワード設定、スマホを壊す、といった危険に対する処置も行う。中学生に携帯電話を買わせるのは親が最終判断をするが、使い方を守る、正しい使い方を教えるという約束は、必ず保証させるように注意する。帰宅後などに親が「お家にスマホありますか?」「お母さんにもありますか?」と家庭訪問で質問したり、一緒にいる時に携帯の着信履歴を覗き見したりしないこと、などの約束をすれば中学生に買わせるのは遅くないと考えるべきだ。

中学の頃はそのように躾け(しつけ)ておくことが大切だが、高校生や大学生、就職後などは、その人間性の成長や心の躾がある程度は終わってからと考え、携帯電話は社会性のある成人(社会人)になってからと考えてはならない。社会性の無い中学生を携帯電話の利便性につられて使わせるべきではない。

スマホ依存の中学生にスマートフォンを置いて外出を体験をさせる場合、スマホ依存を放っておかずに治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存の中学生にスマートフォンを置いて外出を体験をさせる場合、スマホ依存を放っておかずに治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、中学生がすぐにスマホ依存症から抜け出し、スマホから抜け出せなくなる方が危険になるためです。簡単に治るようであれば専門家や解決経験のある人の助けは必要ありませんよね。スマホ依存を放置する危険性や早急な解決策を知ってから中学生にスマホを使わせると良いでしょう。

中高生にスマホを活用させる方法は、スマホを使うメリットとデメリットを理解させながら、リスクを回避する方法をとることです。また、スマホやタブレットを使った効果とデメリットを踏まえたうえで、親子でスマホについて話し合う機会を作って話し合っておきましょう。

親子でスマホについての話し合いの機会を持つことのメリットはお互いにとってスマホをルールとして活用しやすい状況を作れるということです。スマホ依存やスマホでのトラブルも増えていますので、一人で抱え込まずに困った時はまずは相談してみましょう。

スマホの正しい扱い方や制限の方法、使い方などを相談できる専門家を探すことも必要です。

タイトルとURLをコピーしました