スマホ依存の中学生にはスマホ以外の熱中できる趣味が必要

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生にはスマホ以外の熱中できる趣味が必要

スマホ依存の中学生にはスマホ以外の熱中できる趣味が必要な理由

スマホ依存の中学生にはスマホ以外の熱中できる趣味が必要な理由は、スマホしかないと頭ではわかっていても「部活と勉強の両立が難しくなった」という「精神面の成長」も含まれます。スマホでのゲームのやりすぎは、友達とのコミュニケーションが難しくなり、それが学習意欲に影響します。ゲームを通して家族や友達とコミュニケーションをとることができたり、助け合ったりすることでコミュニケーション力がアップしたり、それが大きな成長につながることも。

スマホ依存を脱すると、学習意欲が回復する、コミュニケーションスキルが向上する、など様々なメリットがもたらされるので、スマホ依存の中学生にはスマホ以外の熱中できる趣味が必要なのです。中学生の学習生活では、スマホ依存からスマホを趣味に取り入れ、親の全面的なサポートでスマホ依存から遠ざけるのがベストといえます。

学校帰りに習い事(勉強以外)や部活動をさせたり、休みの日には外に連れ出して運動や遊びをさせたりすることは、スマホ依存の解決にはなりません。あくまでも“ゲームをやめて勉強しなさい”では中高生をスマホ依存から遠ざけることができないのです。

スマホ依存の中学生にスマホ以外の熱中できる趣味をみつけさせる場合のポイント

スマホ依存の中学生にスマホ以外の熱中できる趣味をみつけさせる場合のポイントは、子どもが安心して遊べる場所を見つけること。親だけではなく、先生、塾、病院の先生、学校の友だち、習い事のお兄さんお姉さん、地域の大人たちや学校の図書室で、子どもが休憩できる場所がないか、子どもだけで楽しめる場所を探してみましょう。子どもだけでは危険な場所がないか、大人の目を意識して行動できるかをみておくことも大切です。

中学生がスマホ依存になってしまってからでは、子ども同士、あるいは先生と先生、大人同士で話し合ってもなかなかうまくいかない場合もあります。だから、スマホの時間やアプリの利用が長いことがわかっても、親の目の届く場所で遊ばせているだけでも、スマホ依存になる確率はかなり低くなります。

親子ともスマホ依存の状態ですと、夫婦間、子ども同士のトラブルはもちろんのこと、ママの悩みの種となる場合が多いようです。スマホ依存の子どもを減らすには、子どもの健全な成長のためにはスマホが必要という強い意思と、親が普段からスマホに頼らず過ごす努力が必要なのです。

スマホ依存の中学生にスマホ以外の熱中できる趣味をみつけさせる場合、これで安心とスマホ依存を放っておかずに、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存の中学生にスマホ以外の熱中できる趣味をみつけさせる場合、これで安心とスマホ依存を放っておかずに、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、次のようなものがあります。依存症の根本は意思が弱いのではなくて、考え方も悪い、脳の使い方も悪いということです。こういうことについて、ちゃんと考えることが重要です。

保護者はスマホ依存になることを治すという観点で、子どもの意志の強さというよりかは考え方を治そうとしているという観点で対応をする必要があります。また、スマホ依存が関係するトラブルの原因には家族関係、家庭環境、学校、友達関係、仕事関係などいろいろなものが関係しています。スマホ依存になる原因は日常生活の中にあるのですが、今はスマホ依存症になっているのは、親子関係のせいだからと単純に決めつけずに、考え方を変えていく必要があると捉えることです。

まずは両親、子ども、そして祖父母などで話し合いの場を設け、保護者が関わってあげながら問題を解決していくのが良いと思います。スマホ依存は治ります。

治さない場合は病院での治療をすすめます。

タイトルとURLをコピーしました