スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいく理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいく理由

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいく理由

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいく理由は、実はこういう背景だったりするわけで、中高生を全員批判するべきではないのかもしれない。でもあのツイートに関してだけは、「デジタルにまみれてスマホばっかりいじってる子供たち!批判されるのは大人だけだよ!みんな一緒にしちゃだめだよ!」くらいの大きな声で批判しなければ大人の思う壺だよね。自分の子供時代はiPadもスマホもなかった。

デジタルと言えばテレビくらいだった。もっと深く勉強していれば、自分もデジタルに汚染されずに済んだかもしれないという後悔を未だに持っている。その意味では全ての若者の将来に責任を持つ大人がいるべきだと思う。「お前らスマホばかりいじって勉強してないで、目の前の勉強をもっとしっかりやれ!」って。

でもスマホを溺愛する大人もきっとたくさんいるんだろうね。「未来のことはわからんから、若いころは何しても無駄!」とか言う馬鹿がいて、本当に悲しくなった。勉強とスマホを真剣に考えない親が多すぎると思う。

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいく場合の対処法

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいく場合の対処法は、親、学級担任にどれほどの悩み・問題があるのか、今の時点でどれほどの苦悩を抱えているのかをきちんと説明することだと思います。彼らの悩みの深さ・深刻さを親、学級担任が理解していないのであれば、それを認識し、彼らに通知します。「今、こういう状況になっていること、本当は悩んでいたけど、上のほうからそういうことを言われ、追い詰められ自暴自棄になったこと、また両親や先生にもっとしっかり相談して欲しかったことなど」などを口頭ではなく手紙にして、「自分の言葉で」説明したらよいと思います。

手紙は言葉にすることで、彼らの言葉の力が蘇り、自分の非を省みることができるようになると思います。また、保護者の協力も得たいところです。

児童相談所、学校、先生も。

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいる場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存の中学生がデジタルな情報に振り回されて嫉妬で病んでいる場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、彼の状態が分かりやすくなるからです。他にも色々ありますが、優先して言えばこのように思ってもらうと、本人が考えやすくなるのです。その為には依存状態に陥っている自覚は必要ですが、焦る必要はありません。

治るまで、じっくりと待つと言う決断と気持ちも必要です。依存してまで見たいと思えるアニメやゲームは「見たい」と強く思い続けることに価値があります。その気持ちが残っているうちに、実際に見てみませんか?その時、周囲の大人からのアドバイスは有効に働きます。

他には、この病気で注目が集まっている映画作品を見るのも良い方法です。それを家族と一緒に見ても良いでしょう。

しかし、決して大人の評価を過剰に気にしてはいけません。主治医や専門医に、この病気の進行について、定期的に相談してみると安心です。何か悩み事が出来た時は、身近な人に相談すると良いでしょう。それが周りに受け入れられる方法かどうかは分かりませんが、話し合いで一つ一つの問題を解決していくのがうつ病と向き合う方法です。

タイトルとURLをコピーしました