スマホ依存の中学生が社会的地位を気にして病んでいく理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生が社会的地位を気にして病んでいく理由

スマホ依存の中学生が社会的地位を気にして病んでいく理由

スマホ依存の中学生が社会的地位を気にして病んでいく理由は、実は家庭と学校と地域社会が抱える問題に集約されると思っている。そして、それぞれの問題はそれぞれ単独で存在できものではなく、相互に関連しているものだから、その根底にある問題を同時に追及する必要がある。たとえば学校は学校、家庭は家庭、地域社会は地域社会それぞれの中の問題として取り組んだところで、根本問題解決にはならない。

子供時代に「時間=金」というモラトリアムが存在していることを疑うことができない以上、「時間=金=時間」の奴隷的な人生を送ることを責めることもできないし、「時間=金=金」の奴隷的な人生を他人に強いることもできない。にもかかわらず、それに代わる価値観を発見できない子供は、いままさに「時間=金=時間」を生きながらえるために必死で努力しているのである。

それはまるで、虐待の連鎖によって親になることができず、義務教育を受けられずにいる子供と同じだ。

スマホ依存の中学生が社会的地位を気にして病んでいく場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存の中学生が社会的地位を気にして病んでいく場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、親の行動がコントロールできなくなることにあります。スマホ依存であれば親が子供をスマホから離して、まずは親のスマホ依存から解消することがまずは大事。依存症から復帰するまでの過程で親がスマホをコントロールできなくなるようならば、それは家庭内の問題解決に繋がらないと言っても良いでしょう。

子供の問題は子供の問題として、親が親権を放棄して介入しないというのも選択肢に入れられるかもしれませんね。子供にとっても家庭環境というのは人生を決める大事な要素の1つですから。

家族関係があまり上手くいっていない場合は、子供に悪影響となる可能性が高いことは容易に想像ができることですから。スマホ依存の中学生が社会的地位のために病んでいくよりは、スマートフォンという自分の生活環境のなかに潜む危険性を理解して克服していく方が、子供にとって幸せなことなのではないかなと思います。

ゲーム依存の中学生も問題ではありますが、勉強する習慣もないままに、スマホゲームに没頭することで学校に行く気力を失ってしまうという事態は、ゲーム依存であっても問題の一端を担っていると思います。

タイトルとURLをコピーしました