スマホ依存の中学生がソーシャルメディアの情報で自信をなくしてしまう理由

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生がソーシャルメディアの情報で自信をなくしてしまう理由

スマホ依存の中学生がソーシャルメディアの情報で自信をなくしてしまう理由

スマホ依存の中学生がソーシャルメディアの情報で自信をなくしてしまう理由は、子供がネットを楽しむなかでどのように知識を得ていくのか、どの情報に信頼性があるのかがわかっている親からしたら、それは子供同士でやり取りしている情報量を増やしてあげるだけで解決できるようなことだけど、世の中には無数にあるソーシャルメディアの情報をしっかり見極めて信頼できる情報源に繋げていく、つまり、情報は取捨選択の産物だということまでちゃんと教えてあげなければどうにもならない問題なのではないだろうか。逆に言えば、その年齢相応に情報が適切に扱えるようになる知識、ノウハウを適切な刺激と忍耐で対応してあげることができれば、スマホ依存の問題解決につながるのではないだろうか。だからこそスマホ依存問題は永遠の問題なのかも?・・・スマホ依存問題とどう付き合うかは、思春期のお子さんを持つご家庭にとってはとっても重たいテーマなのではないだろうか。

以上、スマホ依存についてつらつらと書きましたが、このあたりは僕の個人的な考えなので、スマホ依存問題に関する賛否は読者各位のご意見でお願いできればと思います。

スマホ依存の中学生がソーシャルメディアの情報で自信をなくしてしまう場合の対処法

スマホ依存の中学生がソーシャルメディアの情報で自信をなくしてしまう場合の対処法は、インターネットから情報を遮断する方法や自分の気持ちを聞いてもらう方法などがありますので、しっかりと頭に入れておくとよいでしょう。子供が寝るまでの時間を中心に、スマホは使わないという約束をするのも手段のひとつです。高校生ならLINEやソーシャルゲームなどを使ったネット上の楽しみ方はあると思いますが、中学生の場合は「使うとしても必ず授業中だけ」と、具体的な範囲で制限するとよいでしょう。

約束を破ってゲームをしているのを見かけたら、注意をするだけでなく、約束の内容を説明してあげてください。自分で約束を破ってしまった場合や、約束を守れなかった場合は、叱るだけではなく理由を聞くことも必要になります。

SNSやゲームに夢中になりすぎて他のことが手に付かなくなってしまっては、成長のチャンスを逃しかねません。まずはスマホ依存ではない子供時代を取り戻させるよう、家族の話し合いをしてみてください。

まずは小学生の場合はどうなのだろう、と、お子さんにスマホを渡してみて、携帯代などをだしてもらい、調べることで、スマホ依存かどうかがわかるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました