スマホ依存の中学生が肥満気味になることが多い理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生が肥満気味になることが多い理由

スマホ依存の中学生が肥満気味になることが多い理由

スマホ依存の中学生が肥満気味になることが多い理由は、時間などの管理ができないことも影響している。これはスマホを見ながらの通勤や通学が原因と考えられる。そのため、スマホの使用時間を決めて、スマホでの物事の確認や行動は、親が子どもに代わって見ておくなど工夫することが必要と思われる。また、夜10時頃まで外出すると、睡眠時間の確保ができず、肥満にもなりやすくなるので、生活習慣を見直すことも必要だ。

子どものタイプにあったアプリなどを利用し、コミュニケーションを取りながら、スマートフォンを使いこなせるようにアドバイスしてあげたい。これだけでも、スマホ中毒を防ぐことができる。

実際にアメリカの教育研究機関の調査により、スマホ依存の生徒のほうが成績が悪いという結果も出ている。すでにスマホに依存してしまっている子どもには、まずは子ども用のスマートウォッチを検討し、利用するのもいいかもしれない。スマホの購入を検討しているときには、小学生、中学生、高校生それぞれの年代に対応した、管理できる小さなスマホを検討するといいだろう。

小さな端末でも、大きな画面で画面を見ることができ、小さな画面でゲームをするなら、それなりの大きさの端末でゲームをすることが好ましい。

スマホ依存の中学生が肥満気味になった場合の対処法

スマホ依存の中学生が肥満気味になった場合の対処法は、まずゲーム、スマホ等の映像が好きな子は必ずマンガを読みましょう。マンガは文字、文、絵で構成されているものでストーリーや絵を見るだけで脳への刺激を与えてくれます。そしてマンガを読んでいると、その作者から人生において大切なことをもらったり、意外な考え方に気づかされたり、今まで当たり前と思っていたことが当たり前でなかったことに気づいたりと面白い発見があります。

マンガを読み終わったあとは、そのマンガに感動したり学べたりした部分にマークを貼りながら物語を振り返ってみましょう。そして記憶に残っている部分を先生に見せてどんな考えに気が付いたのか尋ねてみましょう。

また注意しておきたいのが、子供の肥満はすぐに手をつけず放置状態にしてしまうと、症状が悪化するということもあることです。子供の肥満は、脳や成長に悪影響を及ぼす可能性もあります。

放置せずに対応していきましょう。また成長期には規則正しい生活を心がけ、栄養バランスを考えた食事を摂らせることも大切です。成長期ならではの栄養素が補えるように、子供の食べるもの、食べさせたいものは注意しましょう。

スマホ依存の中学生が肥満気味になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存の中学生が肥満気味になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、次のような理由があります。

タイトルとURLをコピーしました