中学生でスマホ依存になることをあなどってはいけない理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

中学生でスマホ依存になることをあなどってはいけない理由

中学生でスマホ依存になることをあなどってはいけない理由

中学生でスマホ依存になることをあなどってはいけない理由は、恐ろしいことばかりだからです。ネット依存はスマホ依存によるものですが、ネット依存を引き起こす要因は、これ以外にもたくさんあります。インターネットにより、簡単に情報を発信できるようになりました。

多くの人は、それをネットの中だけに留めています。ネット上での発信は、実生活に比べ、はるかに優位なものとなっています。その一方で、ネット依存に陥る人は増加しているのも事実です。大人のように毎日決まった時間にパソコンに向かうことは不可能になりつつあります。いつでもネットを利用できます。

そのため、スマホにはよりネット依存のリスクが高まります。使い過ぎが依存症に繋がらないようにしっかりと対処すべきなのです。スマホは便利ですが、使い方を誤れば恐ろしいものになります。スマホを携帯しているすべての人に関わることなので、その危険性について、もっと意識することが大切です。中学時代にはまだスマホを買うことができないという家庭もあるでしょう。

その場合は親が責任をもって、スマホを使う時間を取ることが大事です。まだ自分で自由に使いこなすことができないうちは、親御さんが使用時間などルールを決めて、守らせることが重要になります。

中学生でスマホ依存になった場合の対処法

中学生でスマホ依存になった場合の対処法は、使用時間の制限、依存状態である場合は親に内緒にせずに親から状況を聞く、学校や塾に言ってもらうなど。その他、家族会議を開いて対策を考えるのもアリです。どのような対策を取ったら良いのか、各家庭の事情で異なりますが、家庭で話し合うことは大切だといえるでしょう。スマホの問題は、家庭内で解決できないことがほとんどです。

中学生でスマホ依存症になってしまうと、高校生になっても勉強中や部活中に関わらずスマホばかり触ってしまいます。昼夜逆転、夜の睡眠時間は減ってしまうなど悪循環に陥ってしまい、中学生らしさが失われていきます。学校でも、授業中にスマホを使わないよう注意され、スマホは暇つぶしに使うだけのものとなります。

授業中寝てしまうのも、頭を使いたくないという気持ちと睡眠不足で集中力の低下が原因です。スマホ依存症になっていないか心配な人は、スマホをどのように使うべきかルールを親子で話し合いましょう。

中学生でスマホ依存になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

中学生でスマホ依存になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、子供の発達段階を考えたときです。

タイトルとURLをコピーしました