スマホ依存の中学生は医療機関の受診をためらわない方が良いと言われる理由

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生は医療機関の受診をためらわない方が良いと言われる理由

スマホ依存の中学生が医療機関を受診するときに気をつけておきたいポイント

スマホ依存の中学生が医療機関を受診するときに気をつけておきたいポイントは、まず何を伝えればよいかという点。事前に伝えることや伝える上での注意点をしっかり確認しておくと、スムーズな受け答えにつながります。電話をする前に大まかに伝えたいことをまとめておきましょう。

未成年が入院しているときは、保護者が一緒に受診していることが多いため、保護者にも同時に伝えるようにすることが大切です。治療にかかる費用や持病は事前に確認できていなくても、検査や治療内容から、どの程度の負担が必要になるのかを伝えておくとよいでしょう。糖尿病などの持病は内服薬を飲んでいる場合が多いので、薬の名称や飲んでいる薬の名前もメモしておきましょう。

このように、基本的なことではありますが、事前にしっかり確認をしておきましょう。また、電子カルテを導入している医療機関も多く、予約をした場合に備えて、電話で通院する医療機関の診療日を確認しておくと安心です。

さらに、病気は再発しやすく、年齢を重ねるほど重症化して受診が必要になるケースも増えてきます。もし、病歴についての質問を受けることがあれば、病気と関係なく、家庭環境や周囲の環境などについても詳しく話しておくようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました