スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合は、スマートフォンをインターネットに接続せず、必ず保護者に見せてください。また、保護者がスマートフォンを持つ場合は、本人に代わって子どものスマートフォンを見守ってください。家族でルールを決めてスマートフォンの使い過ぎを防ぎ、万一、スマートフォンがなくさないか心配な場合はインターネットを利用していないときでも保護者が子どものスマートフォンを使うようにするなど、子どものスマートフォン利用に合ったルールも作りましょう。

子どもは自分でスマホを家族が見ていないときに使ってしまうことがあるので、一人で使えないように保護者が管理するのもおすすめです。最近では、保護者や学校などが子どもをスマートフォンから24時間見守り、見守り中のスマホの利用履歴を保護者に共有して活用できる「子ども見守りのデバイス」を提供する事業者もあります。

こうしたサービスに関心がある場合には一度利用を検討してみてはいかがでしょうか。見守り中は、子どもが使い過ぎや依存をしていないか、このデバイスの利用状況から保護者に見守ってほしいときや保護者の都合が悪いときなど、必要に応じてメールで通知してもらうこともできます。

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合の対処法

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合の対処法は、とにかくスマートフォンを一時的に禁止しましょう。スマホを封印して、まずは友達と外で思いっきり遊ぶ、もしくは買い物などスマホを使わない楽しいことをして、充電が切れるまでゲームをすることはやめてください。少しでも充電すると充電したスマホに取り掛かり、依存症になってしまうこともあります。

親のスマホを借りることは絶対にダメです。また、たまに親に見せるのも良い方法です。親はスマホを壊すかスマホに傷をつけるしか仕返しする方法がありませんから、子供が少し傷がつくくらいで済めば親はかなり怒りがおさまります。親のスマホは見せればよいのですが、普段から親のスマホは使わないほうが良いです。

また、スマホは暇なときに見るのが普通ですから、暇な時間にゲームをしていないかチェックするのもいいですね。そして、スマホのゲームはするなというのは禁句ですよ。

夜遅くまでゲームをしているようでしたら、就寝をちゃんとさせてきちんと就寝していないのか、勉強をしているかチェックしてください。親が休みの日にスマホをやっているようでしたら、自分のスマホを使うよう伝えてください。

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存の中学生が依存がエスカレートしてきたかもしれないと心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、依存の初期段階であれば身近な人で、中学生が依存していることを共有できたほうがいいためです。学校や塾の授業中や部活動で、あるいは部活動を引退したあとに初めて、親が依存していることを知ったというケースはよくあります。例えば、部活動で疲れたからという理由で、スマホをいじりすぎた結果、寝ている間にスマホを触りすぎて携帯を手にもっていないとスマホ依存になってしまったということもあると思います。

自分の親が依存していたことを知らずに、子どもがスマホ依存になって、学校や部活や受験での成績が下がってしまい、場合によっては暴力をふるうようになったということになってから、親が依存していることに気付くケースがあります。携帯電話を長期間使用すると、大人でも依存症になってしまうことがわかってきました。

最近では未成年でも、携帯電話を所持している子が増えてきて、実際、依存状態になってしまっている子もたくさんいると考えられます。大人でも、依存症は重大な問題ですが、将来、子どもが依存症になってしまうと、今までのように学校や部活動を頑張らせることも難しくなるかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました