ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合は、子供が依存的になっていると判断し、専門家に相談してみることも必要である場合もあります。その場合、治療を開始するためのカウンセリングを受けられる機関を紹介してくれるはずです。しかし、相談を受けてもらえるだけで受診まで至らない場合もあります。

その場合は、学校などの身近な場所で子供と話す機会を設けるのも大切です。子供がどのようなことでストレスを感じているのか、どのような行動を自己中心的だと感じて嫌なのかなどを知る必要があります。

これがわかると、次の行動に移しやすくなります。子供からの相談が増えた場合などは専門家など信頼できる人との時間を大切にして子供が依存的にならないような行動をとることが必要です。自分が子供の時に、そのようなことを考えていただろうかということを思い出してみることも必要になってきます。

自分が子供の頃、「依存的だった」と思うなら、改善するための第一歩を踏み出してみることができます。親は、相談を受けることができますが、子供の年齢によっては、子供の心配をすることは難しい場合もあります。

そのため、専門の人からのアドバイスを受けることも必要になってきます。

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合の対処法

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合の対処法は、まず、ゲームへの興味本位の見方はやめることです。例えば、中学生の場合、学校への遅刻などの理由が必要といえます。これは親など家族や教師など大人の心配が必要といえます。時間の感覚を失うのは、本人の感覚でありゲームへの興味があっても夢中になるのがよくないと感じます。ですので、問題の前提として本人が大切にしていることを守ることが必要となります。

ゲームをすることで家族や友人とのコミュニケーションや達成感を得られてストレス解消に繋がることがあります。しかし、ここで、友達よりも上のレベルや一番楽しいゲームのプレイや時間を決めるなどの無理なことをしてしまうとストレスをためやすいリスクがあります。

無理な目標設定は、達成できないときにより苦しいと感じたりさらに必要以上に多くゲームをする原因となります。つまり、ゲームへの熱中と引き換えに、約束の時間を守らないことを正当化するのは良くないといえます。

同様に家族の夕食の時間が決まっている中でゲームを中断して家族へ連絡せずに突然帰宅することも問題です。

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

ゲーム依存の中学生が約束の時間にゲームをやめれないなど理性が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、いくつか考えられます。まず、小学生の頃でも約束は絶対に守らせていたという方がほとんどだという点です。年齢や精神面や知能面が未熟であることが原因かもしれません。

ですが、約束を破った場合は、はっきりと先生に強く非難した上で叱ってきなさいと言った指導をされることがほとんどでした。中学生にもなると、遊ぶ時間や寝る時間、家族と過ごす時間も削ってまでゲームをやっている子供が多いのも事実で、ただ厳しく叱られているだけでは一向に改善が見られません。親はただただ、子供が約束を破ると厳しく叱り、時には厳しくたしなめることが大切ですが、根本的な生活習慣を変える必要がある場合が少なくありません。

ただやればいいといったしつけは、子どもの成長の妨げになりやすいものです。大切なことは、ゲームをするならゲームでルールを守れるかどうかを考えて行動する習慣をつけさせることです。

タイトルとURLをコピーしました