ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合は、児童相談所や保健所に相談しましょう。専門家のチームで対応してもらえます。中学生であるということを伝え、中学生向けの対応策などを相談することも可能です。ゲームへの関心が高いためにゲームに依存してしまうということもありますので、ゲーム以外のものの興味関心が増すようなヒントも与えてもらえます。

そのうえで、カウンセリングを受けるなどのサポートをしてもらえます。その際には、何歳でどの程度ゲームをやっていたかという具体的な記録をとっておくと安心です。

トラブルなどの際に必要な証拠にもなります。その記録があることで、適切な専門家につないでくれることにもなります。実際に、同じようにゲームの依存症だった父親からゲームの中断について指導を受けたり、病院を紹介してもらったりしたという人もいらっしゃいます。

中学生のゲームへの関心が高いときには、ぜひ安心して任せられる専門家につくことをおすすめします。ただし、カウンセラーや専門家のアドバイスだけでゲームをしばらくやめてしまうと逆効果になる場合もあります。

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合の対処法

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合の対処法は、ゲーム以外の好きな遊びを見つけさせてやること、家族が行かせたい場所に行かせてやらせること、外に出かけて友達と遊んでくることを許可するなど、安心できる関わり方を心がけることです。もちろん、学校側から出された課題を自らできるなら、それにこしたことはありませんが、ゲーム以外でも自分の興味を持てるような学びにつなげられるように、ゲーム以外の知識や経験をプラスしていく関わり方が大切です。ゲーム以外にも夢中になれることを見つけてほしい、という願いを持って、いろんな体験を一緒にしてみてください。

たとえば、勉強やスポーツなども遊びの一環です。テレビゲームばかり見て勉強が進まず、テストで得点が低くても、それだけでその子が意欲を失ったとは判断できません。それは他のことでもそうだからです。

同じことが言えます。ゲームは長く遊べること、ルールを工夫することで、より面白いものになっていきます。子どもたちが夢中になってやっていることは、そのゲームでなければならない理由はありません。

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

ゲーム依存の中学生がゲーム以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、ゲームをしていてもイライラすることは少なく、その他のことに集中することで、さまざまな場面でストレスをためにくくなったり、成長につながったりすることがよくあるからです。また、親の場合、自分が夢中になっている遊びの子どもに邪魔をされたくないので、簡単に解決できるような問題で怒って子どもに無理難題を言い放ってしまうことがあります。でも、子どもの問題行動はゲームに関することであれば、ゲームを楽しむ方法を考えたり、他のことをできるようにしたりすることで解決することが可能です。

問題行動で悩んでいる親のために、治し方を教えてくれます。親御さんの中には、スマホを与える際に、「オンラインゲームだけは絶対に禁止しよう」と子どもと約束する方が多いと思います。ところが、子どもに注意しても改善しないだけでなく、より熱中してしまうので、子どもに注意しても効果がなくなったと諦めてしまい、子どもがゲームする時間をコントロールできなくなってしまうことがあるようです。

タイトルとURLをコピーしました