スマホ依存の中学生がスマホ以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存の中学生がスマホ以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

スマホ依存の中学生がスマホ以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合

スマホ依存の中学生がスマホ以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合は、子供が熱中できるものを与えてあげるよう心がけましょう。少しの時間でもスマホなどに依存させるのは危険です。中学生にパソコンを与えても問題が大きくなる場合も多いです。 ゲーム依存の問題、SNSに依存する問題の他にも、中学生は思春期の精神状態が不安定になっていることも問題視されています。 親が子供を見ていない、親が子供と会話がないというときも注意が必要です。

子供は親を信用しきれずに「自分が世界で1番愛されている存在」だと思いたいもの、親は子の価値観に気づかないことがあります。中学生は10代。

自分を見てくれる存在が大人の一人くらいは必要かもしれませんが、大人からの愛情にもっと敏感になる年頃でもあります。親は子供に過度な期待をしないようにしましょう。 子供がゲームに依存してしまっているのであれば、子供がもうゲームしたくないと思えるような環境作りをしてあげましょう。高校受験を控えているとか、自分の進路にも関係しているのであればなおさらです。

スマホ依存の中学生がスマホ以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合の対処法

スマホ依存の中学生がスマホ以外の他のことへの関心が低下していると感じることが多くなったと心配になった場合の対処法は、とにかくスマホと離れて別のことをしてみることです。スマホは、とにかく子供の脳裏に焼きつくほど繰り返し何度も長時間触らせることで、脳に密着させてしまいます。もう触らないと思っても、しばらく触っているといつしか手が伸びているという経験がある方も多いのではないでしょうか。

ですが、スマホは脳に密着させ過ぎると、スマホを操作できる部分を主に大脳辺縁系の領域が占めてしまうようになります。スマホ触った次の日から勉強することなんてほとんどないのではありませんか。

勉強以外のことへの関心低下を予防するためには、スマホ使用を極力控えるようにすれば脳とスマホ依存を防ぐことができます。そして、大脳辺縁系を遊ばせることによって、スマホ依存の子供でも日常から勉強に意識を向けることができるようになります。

スマホにばかり夢中になっていると、大脳辺縁系の機能に障害を与えるようになります。大脳辺縁系とは、脳の中心に位置する部位です。

タイトルとURLをコピーしました