スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合は、一度病院で検査を受ける必要があるでしょう。ただ、小学生からでも問題ないこともあります。実際、小学生でスマホ依存に陥ってしまい、中学生になり成長とともに脱することができたという人は大勢います。まずは「スマホを使う時間を制限したり、スマホがない生活をする」「インターネットを使いたい時や触ってはいけないアプリを使いたい時だけスマホを使う」といった工夫をしてみるのもよいでしょう。

このようにコントロールすれば、それほど大きな問題にはなりにくいです。子どもが1人暮らしを始める際にも、親や大人の協力があれば安心できます。

また、親や大人が忙しいとき、子どもだけでスマホゲームをしていたり、インターネットを使っていたりということがあれば、スマホを完全に管理するのもよいでしょう。スマホのやり過ぎで、学校へ行けない、学校へ行けないどころか学校に行かせてもらえない……なんてことになってしまうのは心配ですよね。

子どもが脱スマホに成功すれば、その分子どもも自信や喜びを得られるので、親は思い切ってスマホ禁止にしてみるというのもひとつの方法です。ただし、強制したり、ルールを厳しくしすぎたりすると逆効果になってしまうので気をつけましょう。

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合の対処法

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合の対処法は、まずスマートフォンには絶対に触らないということです。その行動が体に悪いことを子供に分かってもらわなければなりません。おやつを取ってから寝る前など、勉強をしている時はスマートフォンは見せず、部屋に置いておくようにしましょう。

就寝時間には、勉強している内容をそのまま書くことでルール作りをします。LINEでもメールでも、勉強中にわからないところがあったらすぐに相談してください。

わからないことがあったり、ついやってしまった失敗を子供のスマホに残していないか再度確認します。ただ、どうしても約束を破って取り上げる必要がある時は、直接連絡するのではなく、電話をするのが一般的です。

スマホを見る時間が増えたことが原因で、子供が学校に行きたくないと言い出したら大問題なので、まずは冷静になって子供と向き合うことが必要です。どうしても子供を直させることができない場合は、スマホも取り上げ、勉強漬けの毎日を過ごさせると良いでしょう。

実際に「子供のスマホ依存」が社会問題になっているので、当分は中学生のお子さんにスマホを持たせるのは控えた方が良いかも知れません。

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由

スマホ依存で中学生の体調への影響が心配になった場合、治し方を専門家や解決経験のある人に相談しながらすすめる方が良い理由は、依存度がとても高いことが理由です。中学生の生徒にスマホ依存が起きている際、「勉強しろ」の一言で解決できるものではないのです。中学生は体力が落ち、勉強に対するモチベーションは下がってしまっているのです。

また、既に何時間もスマホによる無駄時間を費やすほど体力、精神的に追い込まれている状態でもあります。大人の場合は軽い疲れ程度でもスマホによって改善できますが、小学生や中学生の生徒たちは無理な解決はできないのです。

親としては子どもを自由にさせ過ぎず、スマホとの付き合い方を学ぶ意味でも専門家の力を借りる方が良いのです。保護者向けのスマホ講座やアドバイスが受けられる場合もあります。

まずは、中学生の子どもがスマホに依存しているかどうか、一度は一緒に見返してスマホ依存が起きていないかを確認してみましょう。保護者のかたは一度スマホの使用時間をチェックし、小学生の低学年くらいまでは宿題をするため、寝るため等の最低限のルールを決めると良いでしょう。

タイトルとURLをコピーしました