中学生の不登校〜一人で悩まなくていい サポートの見つけ方

スポンサーリンク

おすすめ情報

中学生の不登校〜一人で悩まなくていい サポートの見つけ方

中学生の不登校で一人で悩んだ場合のサポートの見つけ方

中学生の不登校で一人で悩んだ場合のサポートの見つけ方は、学校によって異なりますが、インターネットで調べたり、評判や口コミを調べてからカウンセリングを受けるようにすると良いでしょう。カウンセリングで見つけ出すことができるコツとしては、子供本人の話だけでなく、友達関係や学校での過ごし方なども含めて整理することが大切です。カウンセリングが役に立たないケースとして、子供の言う通りにするしかないという状況では、カウンセラーはそのお子さんに多くを話すようになり、何をすべきかというアドバイスを受けられない可能性も十分に考えられるからです。

また、不登校の原因は他にもある可能性もあるため、不登校の原因が解消されるまで何度もカウンセリングを受けられるようにしましょう。自分の学校の先生でOKであれば、学校に行かなくてもいいと言われたことだけで判断せずに、理由なども話してみると良いでしょう。

そしてカウンセラーの質問に対して子供本人がきちんと答えられるかということも大切です。分からないことについていけなかったり、きちんと理解できていないまま「わかった」と答えるようでは、きちんとしたサポートを受けられないことになるからです。

中学生の不登校で一人で悩んだ場合のサポートを見つけることが大切ということ

中学生の不登校で一人で悩んだ場合のサポートを見つけることが大切ということは、何度もお話してきましたが、さて、実際にサポートを探していくと、どうしたらいいのか迷ってしまう子たちがたくさんいると思います。当然、僕自身もそうですし、その親御さんもそうですし、見つかればラッキーくらいの感じだと思うので、やはりどのように探せば良いのか分からないと思います。ただ、僕、お母さんと、お父さんと、親戚と兄弟と、そしてと、サポートグループを探せば良いということは分かっているのですけれども、それがなかなか見つからないんですよね。

ただ、例えば、親子関係がうまくいっていないと、そこからなかなか不登校が続くことはないと思うのですよね。ですから、なかなか見つけられないというのは、つまり、不登校で悩んでいて、何かその解決方法を探しているから見つからないんじゃないか?と思ってしまっています。

なので、少し回り道をしていかないといけないんじゃないか?と思うのです。

タイトルとURLをコピーしました