こどものスマホ〜厳しいルールより細かいルールの方が良い

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜厳しいルールより細かいルールの方が良い

こどものスマホの使い方で厳しいルールより細かいルールの方が良い理由

こどものスマホの使い方で厳しいルールより細かいルールの方が良い理由は、親の背中を見て学ぶべきだ。こどもがスマホを使う時のルールとして、大人目線でわかりやすい内容のルールばかりだと、こどもは守れない。実際にこどもから聞く中で、大人や親によるルールや常識ばかりを押し付けたことによるルール違反がよくある話だ。

だから、ここでは親目線で子どもを管理するのではなく、こども目線でシンプルなルールが良い事を伝えます。お子さんと一緒に考えながらルールを作るならルールが難しい方は気軽に真似できそうな簡単なルールから決めていくのもありですよ。

スマホは今の時代、なくてはならないものだ。だからこそ使う際は親のルールを決めてしまうことも必要だ。親に守ってもらわないと困るというこども側の意識もあるかもしれない。しかし、ルールがこどもにわかるかしっかり見極めよう。

あなたの使い方はしっかり子どもに伝わっているだろうか。こどもが理解していないルールでは、子どもは責任を持たずにスマホを使ってしまうだろう。特にいじめや危険行為に繋がるような使い方をしてはいけない。

こどものスマホの使い方で厳しいルールより細かいルールの方が良いという考え方

こどものスマホの使い方で厳しいルールより細かいルールの方が良いという考え方は、こどもにも反映されますし、親に支配されることなくスマホを子どもに自由に使わせてあげたいという考え方にも繋がります。だからこそ、こどものスマホの使い方には細かくルールを作って、きっちり管理をしてあげる必要があるのです。そんなルールをまとめているのが、子供用スマホ・キッズスマホのスマホナビです。

お子様のスマホの使い方で、今とは違うルールを作ってあげましょう。スマホナビなら、スマートフォン関連商品を多数取り扱う専門ショップが購入を代行してくれます。

管理画面から項目を入力するだけで、簡単にスマホルールの利用申請を承認してくれます。スマホナビは、スマホ・携帯電話・タブレット端末の買い替えの時期が近づいてきたときに必要不可欠な代行サービスです。

ショップからの情報だけでなく、専門業者が独自にまとめたマニュアルもついていますので、より管理がしやすくなっています。購入後はいつでも電話一本で利用申請ができるので、使い方がいまいちわからないという方や利用内容を忘れてしまったという方にもおすすめです。

こどものスマホの使い方で厳しいルールより細かいルールのメリット

こどものスマホの使い方で厳しいルールより細かいルールのメリットは、親がコントロールできる幅が大きいところです。スマホが使えなくなると、お子さんはただ不便なだけではなく、学校での勉強などへの影響が大きくなります。ですから、どんなことでも、ルールを決めるうえでは、親が見守り、お子さんをコントロールする役割も重要です。

親が「使いすぎ」と注意してもお子さんがきかない場合は、親子で話し合いルールを決めて守り続けることが最大の解決策です。LINEやSNSを使うための具体的なルールについて、以下の記事では詳しく解説していますので、ぜひ参考にしてください。

タイトルとURLをコピーしました