こどものスマホ〜スマホ依存を防ぐために

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜スマホ依存を防ぐために

こどものスマホでスマホ依存を防ぐためにどうすべきかわからない場合

こどものスマホでスマホ依存を防ぐためにどうすべきかわからない場合は、下記の記事を参照ください。どれも、実際に私が実践していることで、こどもへのスマホ依存を気づかせることができる方法です。ぜひ参考にしてください。

子育て中のスマホ依存は困りものです! こどものスマホ依存を防ぐ方法 親がスマホ依存症だとこどもも依存しちゃう? こどものスマホ依存を防ぐ方法 4歳〜6歳 小学6年生もスマホ依存かもしれない 我が家の場合は… >> スマホやめたい!0歳児からの効果的なスマホ依存を防ぐ方法 対処法&対策・解決法こどものスマホ依存を防ぐ おはようございます。小曽根です。 我が家の長男は先月の3歳になったばかりですが、いまだに文字も読めず簡単な絵本以外ほとんど読めません。ですから、最近は、私が見ていない時に、いつの間にか絵本を開いて、自分で指を使ってパラパラめくっています。

これにはかなり困っています。

こどものスマホでスマホ依存を防ぐためにどうすべきかわからない場合の対応方法

こどものスマホでスマホ依存を防ぐためにどうすべきかわからない場合の対応方法は、まずは親のスマホの使い方をチェックするということがあります。またスマホを渡す前にルール付けをすることですね。例えばメールやLINEなどのアプリの使用時刻と使用内容は必ず親と確認することや、他人とのやりとりは24時まで、家庭以外のアプリは1日で1回だけ、といったルールです。特に家庭では子どもがスマホを見ているところを親が見守らないといけないでしょう。

そして危険を伴うアプリをインストールするのも危険なので、アプリを使用しない親子のルールにしておくことです。スマホに依存するこどもの場合、あまり守れないというケースも多いので、そんな場合は上手に取り締まる方法もありでしょう。

たとえばSNSなどの利用をストップする、動画を観る時間は3分までなど、具体的な縛りを決めてしまうのです。アプリを使用しないように、というこどもの言動を注意しない親は危険なので、それができる親だということをアピールするようにしましょう。

またこどものスマホ依存の場合、どのような悪影響があるのかリサーチしておく必要がありますね。

こどものスマホでスマホ依存を防ぐためにどうすべきかわからない場合の相談方法

こどものスマホでスマホ依存を防ぐためにどうすべきかわからない場合の相談方法は、児童相談所と警察では異なります。警察はその名の通り法に基づいて子供を被害から守ってくれるはずですが、児童相談所は必ずしもそのような訳ではありません。そのため、児童相談所が対応できることには限りがあります。

こどもの場合は保護者の立場から見て、見過ごしがちな案件も多いので、こどものスマホ依存の相談に児童相談所が対応してくれることは、こどもにスマホを持ち歩かせないために親としてできることの一つと言えるでしょう。もちろん、こどものスマホ依存の相談に児童相談所が必ず対応してくれるわけではありません。他の相談機関は子どもでは対応できない専門性を持っていることもあり、何か問題があった時に頼りになることもあるのです。

また、児童相談所で対応できない場合には、児童相談所の管轄外の支援機関を紹介してもらえることもあります。その場合にはすぐに別の場所に移動させるわけではないので、こどものスマホ依存の相談を「すぐに相談することはできなくて良い」と割り切って放置するのではなく、こどもを見守る親の不安を解消してくれると考えて、見守ってあげることも良いかも知れませんね。

タイトルとURLをコピーしました