こどものスマホ〜スマホばかりで部活を一生懸命しない

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜スマホばかりで部活を一生懸命しない

こどもがスマホのことばかり気にして部活を一生懸命せずに困っている場合

こどもがスマホのことばかり気にして部活を一生懸命せずに困っている場合は、それはスマホに気を取られているのではなく「行動」に気を取られているはずです。スマホをじっと見てもそれは注意散漫な状態だからです。スマホばっかり見て勉強しないからとイライラしてはいけません。行動の延長にこそ成果があります。部活以外の行動に目がいってこそ、結果的にスマホへの集中力が増し、「行動につながる」のです。だからスマホはかまいません。

スマホを使えばいいのです。スマホを使って行動してください。その行動に向かうため、必要なのがスマホですから。スマホは常に手元にあるわけです。それを使わせる環境を与えるべきです。だから「叱る」、スマホに「ルール」をつくるのです。お友達がスマホを持っているから、学校の昼休みはその友達が使用中、体育の授業は保健室で、昼休みは常に自習、帰宅後は夕食後、就寝前は、宿題とテレビゲームをするとき・・・など。このようなルールでもって、スマホに頭を使わない時間をつくるのです。これを習慣にすることで、行動のハードルもぐっと下がります。

こどもがスマホのことばかり気にして部活を一生懸命せずに困っている場合の対応方法

こどもがスマホのことばかり気にして部活を一生懸命せずに困っている場合の対応方法は、二つ!スマホを与えるか、時間制限をしたほうがよいでしょう。どちらも親のしつけが大切ですね。そのほかには、スマホなしで遊ぶ時間を増やすこと!家の電気を消したり、お風呂にスマホを持っていくのも禁止にしてみましょう。スマホ無しで遊び足りるなら、スマホ無しに慣れるとよいですね。

親がルールを決めることも忘れないでください。ちょっとしたことで、かなりイライラすることもあるかもしれませんが、こどもがスマホを持つことで、失っているものもあるので、しっかりとルールをつくってください。でも、スマホは毎日やるほど、睡眠時間が少なくなります。毎日2時間の睡眠で、勉強や部活をすると、睡眠不足になってしまい、眠い時は昼寝が欠かせません。こどもが寝たら、スマホを見るのをやめて、ゲームをするなら寝る時間を遅らせてやったり、見たいアニメを録画して、夜中にやる習慣にしてあげてはいかがでしょう?こどもがゲームやネットで夢中になってしまう前に、スマホとの向き合い方を考えてみてください。

こどもがスマホのことばかり気にして部活を一生懸命せずに困っている場合の相談方法

こどもがスマホのことばかり気にして部活を一生懸命せずに困っている場合の相談方法は、まず3つにわけることができます。それが、今、あなたが部活動をがんばっているのなら、保護者、教師、先輩の3つの方法です。これを踏まえて、こどもがスマホをいじりすぎる場合の対処法はなんなのかを考えてみましょう。

大事なのはこどもに対して理解があるかどうか、こどもとどうかかわっていくべきなのかどうか、これらのことをしっかり整理しておくことです。これから少し、そのことを考えてみましょう。

実はここが最も大事なのです。どんな話をするかわかったところで、それぞれについてもう少し詳しく説明していきましょう。まずは保護者ですね。保護者はあなたがこどもに対してかかわり方に悩む必要はないのです。どんな子育てをしているのかということを通してこどもと付き合う方法があるのです。

だから、自分がこどもとどうしていいかわからないときの対処法をまずは考えた上で、それをもとに相談すればいいのです。保護者としての意見をいえば、こどもはこどもなので、いいところをいいとして伸ばすこともあれば、だめなところばかりが気になって、否定してしまうこともあるのです。

タイトルとURLをコピーしました