こどものスマホ〜リビングで使わせるというルール

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜リビングで使わせるというルール

こどものスマホの使い方でリビングだけ使わせるというルール

こどものスマホの使い方で「リビングだけ使わせるというルール」は、子どもの発達段階のことを考慮すると正解です。スマホはリビングだけで使わせ、親は勉強部屋では離れて見守り、普段はお子さんに積極的に話しかけるのが理想です。

スマホやタブレットは、小さい子どもにとって、使い方によっては『危険な道具』です。

その使い方を大人がきちんと教えてあげることで、スマホやタブレットの使い方の経験値が子どもに確実に身についていくようになります。お子さんがひとりで勝手に触ってしまうのは本当に危険です。

心配な場合は、保護者の方が必ず近くで見守りましょう。こどもは約束を守ることを学んでいきます。小さいうちはぐずって駄々をこねることもあるかもしれませんが、それも一つの勉強です。しっかりお子さんの主張を受け止めてあげて、お子さんがどれだけ約束を守るかを親御さんが見極めてください。

スマホの使い方には、親がしっかりと指導する場面がたくさんあります。親が見守ってあげることが大事です。学習への姿勢・挨拶・礼儀などのしつけも子どもの教育には絶対に必要です。普段から親御さんが一緒に居てあげることは、スマホの利用の仕方に関しても大事なこととなります。

こどものスマホの使い方でリビングだけ使わせるという考え方

こどものスマホの使い方で「リビングだけ使わせる」という考え方は、子供のしつけに関して様々な意見があります。特に、まだ小さい子供にとっては家の中が一番安全な場所であり、だからこそスマホを与えてはいけない場所であると考える人もいることでしょう。実際に、幼い頃からスマホを頻繁に使うことは、子どもの脳の発達にとって良くないという声も多く聞かれます。

そうなると、スマホを与えることができない理由として、こどもにスマホを使うことを無闇に禁じてしまうことになってしまいます。これでは、いくら危険だとはいえ、まったく意味をなしません。デジタル・ネイティブと呼ばれる世代にとって、スマホやタブレット・パソコンなどのデジタルデバイスは学校の授業などでも使われるものなので、あまりに強い拒否感があると今後の社会で生きづらいと感じてしまうかもしれません。

こどもに「スマホへの依存は危険だ」という認識をきちんと教え、必要なときには適切にスマホを使うことの良さを理解させる必要があります。そのためには、家族間でルールを決めることが大切です。

ルールといっても、単純なことではありません。スマホを使うときには、こどもだけで判断させないようにするのが大切です。親がそばにいて、いつでも確認できるような環境を作ってあげるようにしましょう。スマホについているGPSなどの機能を利用して、どこにいても確認ができるような環境づくりをしておくとよいでしょう。

こういった工夫をしたうえで、あくまでこども自身に判断させることが大切です。

こどものスマホの使い方でリビングだけ使わせるという考え方のメリット

こどものスマホの使い方で「リビングだけ使わせる」という考え方のメリットは、一番はリビングと子ども部屋が一体化することで、家族の生活が豊かになることです。各部屋では1人ひとりの使い方があるため、それぞれの生活空間が独立してしまいがちです。しかし、リビングを一体化することでリビングと子どもの部屋が一体となり、家族コミュニケーションが生まれます。

リビングで過ごしているとき、勉強や遊びでわからないことを親のスマホに連絡する、勉強中の画面を共有するなど、会話も増えやすく、家族同士のつながりが生まれます。部屋にこもるのではなく、コミュニケーションを図れるため、家族同士の絆が育まれやすいといえるでしょう。

リビングで家族とすごすときのスマホの使用は、子どもに意見を聞いてみるのもおすすめです。

一緒にアプリの使用時間や使用方法などを話し合うことで、「わからないときにわからないことをスマホで聞く」といった習慣が自然に身につきます。

一方、デメリットとしては、リビングでのスマホ使用が親の監視の目が光りやすくなることです。これは大人と子どもの心理の違いから発生するデメリットですので、上手に使い方をコントロールしていくことが求められます。

タイトルとURLをコピーしました