こどものスマホ〜子どもが自分で使い方を考えるようになる

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜子どもが自分で使い方を考えるようになる

こどものスマホ ルールづくりのヒント

こどものスマホの使い方で「子どもが自分で使い方を考えるようになるルールづくり」は、小さいうちがチャンスです。 そして、だんだん大きくなるにつれ、こどものスマホやSNSの使い方が親や周りから見えにくくなってきています。

スマホを持たせるようになったら、早目にルールづくりをして、スマホの使い方を決めておきましょう。そのとき、親と子どもが一緒にルールについて話し合うのが良いです。

こどものスマホ 子どもが自分で使い方を考えるルール

こどものスマホの使い方で、子どもが自分で使い方を考えるようになるという考え方は、子どもが少しずつ自立していく練習となることを忘れてはなりません。とりわけ、スマホの登場は、ネットやオンランゲームなどとの距離感がつかめていない子ども達にとって「依存性」を高めてしまう場合があるので、子どもと親が一緒になって『スマホの使い方のルールづくり』をする必要があるのです。

子どもがスマホを使う場合、遊びのなかで自然とルールを学び、身につけていきます。例えば、遊ぶゲームのルール、次は遊ぶ仲間との約束やルールです。そんなルールづくりや仲間同士の関わりは、子どもにとって「できた」が増え、自信を高める機会になります。

一方、スマホがなくては生きていけないこどものなかには、長時間ゲームをしすぎて「もうつかれた」と思いながらもやめられないケースもあります。この場合、ルールがきちんと決められていないか、子どもが納得していない親から押し付けられたルールの運用で、すぐにルールを破ってしまい形骸化してしまう場合が多いようです。これでは成長期の子どもの脳の働きに悪影響を与えかねません。

子どもが「スマホ依存症」や「ゲーム依存症」に陥らないためには、ルールや仲間との関わりでスマホの使い方・距離感などを、学び・遊びながら脳を鍛えていきたいものです。

こどものスマホの使い方で子どもが自分で使い方を考えるようになるルールづくりという考え方のメリット

こどものスマホの使い方で「子どもが自分で使い方を考えるようになるルールづくり」のメリットは、使い過ぎを防ぐことです。

スマホは便利なもので、連絡の手段としては必須となっていますが、使い過ぎると肝心のコミュニケーションが疎かになったり、友達とのトラブルを招きやすくなります。また、いじめや保護者同士のトラブルなども発生しやすくなり、学業に影響が及んでしまう危険もあります。

では、どのようにスマホの使い方のルールを教えればよいのか?

スマホの使い方で学業に悪影響を与えることを防ぐために、子どもたちにスマホの使い方のルールを作って利用するようにしましょう。その際、大事なのは、親と子どもが一緒にルールを考えてつくることです。

具体的にルールを決めなくてはいけないことは、スマホの使用時間・場所、アプリやサイトの利用について、友達とのSNSやオンラインゲーム利用についてなど、至るまで様々な制限が考えられます。どのような使い方はOKで、どの程度まで制限が必要なのかを、子どもに聞いて一緒に便利で安全な使い方を考える必要があります。子どもと親が一緒になって、じっくり考えていくことで、後々のトラブルを防ぐことができるでしょう。

また、子どもに使い方を教えるときには、一方的にルールを押し付けるのではなく、コミュニケーションをとりながら使い方を教えることが大切で、スマートフォンの活用能力を高めていくことができると思います。

タイトルとURLをコピーしました