こどものスマホ〜食事中もゲームをやり続ける

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜食事中もゲームをやり続ける

こどものスマホの使い方で食事中もゲームをやり続ける場合

こどものスマホの使い方で食事中もゲームをやり続ける場合は、勉強するときと同じようにルールでスマホを管理してみましょう。

頭ごなしに「ゲームをやるのはやめなさい」と怒ることは避けるべきです。

それならば、ゲーム機を「ルールを決めて管理する方法」のほうが、お互いにストレスなく管理しやすいです。いつも決まった時間にゲーム機がオンライン状態になったり、寝るときには電源OFFにするなど使い方のルールを決めましょう。あとは、『許可された時間』だけ使うように言い続けることも大切です。

時間を決めておけば、守ろうとするでしょう。

ゲームで気を散らす時間をなくすことができれば、集中力のアップにつながるはずです。また、小まめな許可に子どももきっと「これはやらなければいけないことなんだ」と自覚するはずです。約束を守ることのできる強い心を持つためには、そのルールを厳格に守る習慣を身につけることがとても大切です。

約束を守れない時には、もちろんしつこく怒ることはあまりおすすめしませんが、厳しく叱ることがあっても仕方ないと思います。しっかりメリハリのついた使い方ができるように指導していきましょう。

こどものスマホの使い方で食事中もゲームをやり続ける場合の対応方法

こどものスマホの使い方で食事中もゲームをやり続ける場合の対応方法は、スマホを長時間使わないようにすることと、ゲームをする時はルールを決めたほうが良いことを伝えて、親子間でルールや制限について合意が出来ていれればよいと思います。

長時間ゲームに触れることで悪影響があるとわかっているのなら、それだけ親との約束を守る子供になっていきます。どうしても子供がスマホに依存しているのであれば、スマホを没収してしまえばしばらくの間は落ち着くケースがあります。ただし、スマホ以外にも読書や楽器の練習をさせるので、遊ぶ時間はきちんと確保しましょう。

そして、ゲームを飽きることなくたくさんやる子供には、スマホをやめさせるだけではなくて、その趣味をやめさせることも一つの手段です。ゲーム以外の面白いこともたくさんあります。特に、体験できることを家族で楽しんだりする機会をたくさん与えれば、子供は自分の興味のあることや遊びを探してゲームにどっぷりハマる生活をやめてくれるかもしれませんね。

こどものスマホの使い方で食事中もゲームをやり続ける場合の相談方法

こどものスマホの使い方で食事中もゲームをやり続ける場合の相談方法は、親子で一緒にゲームで遊ぶ時間について話し合いをするのが良いでしょう。

今のこどもは大人とは違う点が多々ありますが、こどもにも十分な判断力が備わっていることを知っていきましょう。今のこどもならではの癖や特徴をよく観察し、その癖や特徴を利用し、こどもにとって安全な方法で注意をすることで子どももスマホ依存・ゲーム依存を防ぐことができます。

そして、こどもには子どもなりの楽しみ方があるので、スマホだけでなく色々な事に興味を示すように工夫していってあげましょう。そうすれば、自然とこどもも自ら他のやるべきことに興味を示すようになります。

注意すべきは、しつこくゲーム遊びを迫ってくる友達がいたらお断りする習慣をつけることです。しつこく迫ってくる友達がきたら、親としてはこどもの自己肯定感を傷つけないように断り続けなければなりません。

その子とも遊びたい気持ちはわかります。しかし、こどもとしては友達だからという理由では自分で判断できず、親の了承がないとスマホを渡せないようにするのも良いかもしれません。こどもにはなかなか理解が難しいところだと思いますが、友達の影響というのは良くも悪くも大きいということを知っておくと良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました