こどものスマホ〜グループチャットで仲間外れにされた場合

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。

悩みの解決は、同じ悩みを経験して乗り越えた人に聞くのが、一番参考になります。

私も「子どもの不登校」で相談しました。テレビCMで見かける「ココナラ」で相談【匿名OK】してみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。

不安に思うたびに、私も身近な人に相談してきました。しかし、都合よく解決策を知っている人はいませんでした。

テレビCMで見かける「ココナラ」なら大丈夫。気軽にネットで、すぐに相談できます。「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです【匿名OK】。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。

私たち家族は地方で暮らしていますが、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しいと思いました。

進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、子どもは楽しく勉強しています。親も価格と内容に満足しています。

こどものスマホ〜グループチャットで仲間外れにされた場合

こどものスマホの使い方で子どもがグループチャットで仲間外れにされた場合

こどものスマホの使い方で子どもがグループチャットで仲間外れにされた場合は、スマホが原因かもしれませんが、親は「スマホの使い方」を心配するだけではなくて、子どもの気持ちに寄り添って、(グループチャットに参加できるように)スマホを貸したり、見守ったりしてあげると良いでしょう。

スマホのグループチャットが原因で孤立してしまう原因には、多くの事が考えられます。スマホによるトラブルや学校での活動などが原因のこともあります。

子どもがスマホのグループチャットで仲間外れにされている場合は、一緒に話し合うきっかけを見つけて、子どもと一緒にスマホの使い方やネットでの友達との付き合いかたについて、じっくり話し合ってみると良いと思います。

このような経験を活かして、プライベートや学校生活が充実したものになるように、自分なりのネットとの距離感を考えてみるのが良いでしょう。

こどものスマホの使い方で子どもがグループチャットで仲間外れにされた場合の対応方法

こどものスマホの使い方で子どもが「グループチャットで仲間外れにされた」場合の対応方法は、どのような方法があるでしょうか?

子どもに携帯電話やスマホを持たせて、学校でスマホを使えるようになったのはここ数年のことです。最近では、小学生のうちから持たせたり、中学生になる前に持っている人もいます。このように、まだまだスマホやネットに慣れていない小学生の場合は、家族で決めたルールを軽く破ったり、ゲームばかりしたりして使いすぎてしまうこともしばしばです。

ネットでの人との関わり方についても、「グループチャットで仲間外れにされた」などといって精神的に参ってしまう場合があります。もちろん、ネットいじめに発展するようであれば問題です。しかし、そのような扱いを受けていないのに、一方的に「仲間外れにされた」と受け取ってしまう場合もあるようです。スマホやネットに依存せず、上手に付き合っていくことが大事です。

小学生の場合は、「こどものスマホの使い方」を考えるよりも、まずは親と子が安心して過ごせる環境を作ることが大切です。 そのためには「親が変わること」も場合によっては必要です。子どもとうまくコミュニケーションがとれるように、親が変わればこどものスマホの使い方も変わります。親が子供から信頼されない限り、こどもはスマホに依存してしまいがちです。

スマホの使い方については、学校のルール違反はもちろん、プライベートな時間にも依存するほど使わないで、生活に支障がでないようなルールを決めましょう。

こどものスマホの使い方で子どもがグループチャットで仲間外れにされた場合の相談方法

こどものスマホの使い方で子どもが「グループチャットで仲間外れにされた」場合の相談方法は、親子、もしくはクラス全体で、「ネットのルール」や「ネットいじめ」についてしっかりと共有することから始めるといいそうです。

グループチャットの付き合いは、学校生活の延長上にあることが多いので、学校生活の日常で友達としっかりコミュニケーションをとることで状況が改善することもあります。他にも「みんなと同じアプリを使えない」などの制限が原因になったり、子どもは大人が思いもしない角度からトラブルになることがあるので、相談のタイミングはいつでもいいよう、意識しておいてよいでしょう。

また、どうしても困ってしまった場合には、いつでも自分で相談できる勇気を出せる子どもになってほしいですね。そして子ども自身が自分から相談することができるようになることが、一番大事です。

タイトルとURLをコピーしました