子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がった

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がった

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がる理由

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がる理由は、なぜ勉強をするのかという目的意識(例えば、勉強はおもしろい・わかるって面白いという気づき)が芽生えるからです。この目的意識がないと、勉強が長続きしません。

そして、どの教科もそうですが、人間は忘れる動物です。だから、定期的に復習することが大切になります。そして、忘れてしまったことに、再度、取り組むことが大事です。 復習の結果、成績が上がればさらにやる気がます。そして、勉強時間の確保につなげることができます。スマホは、勉強時間を簡単に確保できるアイテムになります。そして、スマホを使うアプリは、問題集、参考書、プリントなどを使う必要がないので、実はとても素晴らしい勉強ツールにもなるのです。学習塾でも、スマホで最新の勉強方法を活用することで時間短縮をしていこうとしているところもあります。

そのぐらい、スマホを使った学習方法が定着しており、成績を上げているわけです。これは、スマホが勉強の効率を上げるメリットになるわけです。これまでは、勉強時間は学校の方針に従ってやるものでした。しかし、今は、家と学校の行き帰りなどにスマホを使って時間を調整することで、さらに効率が良くなります。そして、自分が勉強したいことを自由に学ぶこともできます!

スマホは勉強にとても適したアイテムなのです。

スポンサーリンク

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がるという考え方のポイント

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がるという考え方のポイントは、親などが子どもに教える代わりに「スマホを使うこと」で子ども自身が自分で考えるようになるという点が挙げられます。

親などは、なかなか教えることができないので、親の代わりに「教育アプリ」や「Youtube」などネット上の情報を使って答えを見つけることができるという点がポイントです。もちろん、スマホを持っていない子どもも自分で学習することも可能ですが、親が教育熱心な場合は、親などに頼って学習している子どもの方が力がついているというデータもあるようなので、学習面でも親がサポートしてあげることはとても大事です。

子どもにスマホを使わせるということは、周りからは大丈夫かな?と感じる方もいるかもしれませんが、勉強ツールとしてそれは安心できるかもしれません。子どもも大人の使い方を見て活用方法を覚えていくので、親がしっかりと指示を出しながら不安なくスマホを使わせ、子ども自身も自分で考えて学習できるというのが良いと思います。

ぜひ、興味があれば、子どもにはスマホを使わせてあげるべきです(個人的な意見として)。特に、中学生のレベルであればスマホくらい何の問題もないと思います。子どもには、早くスマホを使わせて勉強の効率を上げるというのも良い考えかもしれません。

もちろん、保護者の方には、「スマホの使いすぎ」や「ゲーム」「SNS」の利用に関しては注意する必要があります。スマホと子どもの生活面については、ちゃんとルールを決めて管理するのが良いと思います。

スポンサーリンク

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がるという考え方のメリット

子どもがスマホを使いだして勉強の効率が上がるという考え方があります。

しかし、「スマホを使うと成績が下がる」と考えている人のほうが、圧倒的に多いと思います。もちろん、スマホを持っていない方が家庭で勉強する時間も長くなるので、正しい方法なら勉強時間が増えた方が成績は上がると思います。

しかし、だからと言って「スマホを使っていると成績が落ちる」ということは意見が偏りすぎているかもしれません。むしろ、「こういう使い方をしたら、成績が上がってよかった」という経験もいろいろあります。

スポンサーリンク

「何を、いつ、どのように勉強したか」が大事です。スマホやタブレットのようなデジタル・デバイスを使った勉強法は、ネット環境や動画・人工知能などを利用した最新の勉強法で効率よく勉強できるものが増えています。もし、従来の勉強方法でなかなか成績が上がらず、「子どもの勉強法を変えたい、効率を上げたい」と考えている人がいれば「スマホ・タブレットを使った勉強法」を試してみるのも良いと思います。

タイトルとURLをコピーしました