子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけない!

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけない!

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけない理由

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけない理由は、親自身がスマホ依存状態になりがちなためです。スマホを与えすぎてしまうと、最初は楽しくて続けていた子どものスマホを子どもがやりたがらなくなります。そうすると今度は、スマホをやめさせようとしはじめるため、結果的に逆効果。

子どもがスマホを使いすぎることを防ぐためには、子どもが新しいことに挑戦しやすいような環境を作り上げることだと割り切るのも重要です。親が自分のスマホでネットを見たりゲームをしたりすることを許す代わりに、スマホを与える代わりに、スマホで子どもがやっていない自分の好きなことを見つけてやるというような約束を親子でしておくと、この点はクリアできそうです。

ネットに慣れ親しんだ子どもには、新しいことに挑戦しやすいようなルールを作ることが大切なのでしょう。ただし、スマホを取り上げられることは、子どもにとって大きなストレスとなるため、子どもがスマホに夢中になりすぎないように注意することが必要です。

子どもがスマホ依存から脱却するためには、まず親自身がスマホから離れることが一番の近道であり必要な作業となります。家族の中にスマホに依存している人がいると、どうしてもその悪影響を受けてしまいます。

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけないという考え方のポイント

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけないという考え方のポイントは、スマホでは自分が見えていても実際には誰も見ていないから。SNSでは知り合いにしかメッセージが送れないから、迷惑をかけることのない距離をとる。その安心感から思わぬ行動をしたり、依存をしたりするというわけです。

特に最近の子どもたちは、スマホをきっかけにして、人とコミュニケーションの取り方が全く変わってしまうことが問題です。スマホをきっかけに人間関係が悪くなってしまう子やいじめにつながるケースも少なくないのです。

だから、スマホを持たせる前に、いままでうまくいっていたスマホとのつきあいがスマホを始めてからうまくいかなくなってしまったという自分の行動を振り返ってみることも必要です。スマホを手にする前の親の判断で子どもに負担のかかる状況になるかどうかが決まるのです。

中学生が家にいる時間は、昔に比べて長くなっています。その中学生をもったときに、「スマホを安易に子どもに渡していいのか」という問いに対しては、簡単に答えは出せないと思います。父親も母親も両方の立場を持っていると思いますし、若い世代も高校生くらいになればスマホやLINEなど、コミュニケーションの手段はいろいろです。

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけないという考え方のメリット

子どもにスマホを持たせるタイミングを間違えるといけないという考え方のメリットは、子どもが犯罪に巻き込まれるリスクを減らせることです。スマホには遠隔操作できるアプリなどが埋め込まれていることがあり、見知らぬ人に教えたり、子どもが勝手に使うようになると犯罪に悪用されるリスクがあります。子どもに持たせることが悪いことだとする考え方のデメリットは、便利なスマホの使い方を子どもに教えられないことです。

子どもの中には、自分がしたいことのためだけにスマホを持つ子どももいます。学校の勉強や部活といった習い事や、それ以外の友達付き合いなどの関係で子どもが必要としているスマホの使い方、そして子どもが犯罪に巻き込まれないように注意すべき使い方などを親として教えることは、子どもにスマホを持たせる良いきっかけになります。

一方で、スマホを持たせることについて、親が知らないうちに子どもが犯罪に関わってしまった場合も考えなければいけません。特に子どもがスマホのセキュリティ設定を簡単にできてしまうと、保護者が気づいて犯罪行為に及んでしまうことがあるため、子どもが使えるようになってからも子どもがルールと設定を自分で守る必要があることをしっかりと覚えなければいけません。

スマホに使われている様々な機能は、子ども向けに作られているものではなく、使用方法を間違えなければ安全に利用できるものばかりです。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました