子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良い

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良い

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良い理由

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良い理由は、 スマホは便利なようでとても危険なモノだから。 ルールを守ることは子どもに道徳心を養わせることです。 ルールを守ることは正義感と義務感をもつことになり、その行動に正当性が生まれます。 それは犯罪の抑止力になり、ひいては、自分の子どもが起こした問題も同じように考えられる ように育って行くことになります。

学校の中でスマホの暗証番号やパスコードを変更するということは、 危険な場では人の手を借りると言う行為となり、人を頼るということは 一人では出来ないことなんです。 友達と遊ぶとき、ゲームに夢中になって帰る時間や曜日を変えるときなど 誰に頼り、誰に相談すれば良いのかを考え、誰のために誰のためにと相手を思う気持ちを 養って欲しいのです。

それは最終的に親になります。 何かを相談する時、親はいったい誰に相談するのか? これが、現代社会を生きる大人の考え方で、 ルールを作り守ることを学ぶことのひとつの方法です。

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良いという考え方のポイント

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良いという考え方のポイントは、子どもにスマホについて「ルールを決めなくていいのかどうか」考えることです。子どもにスマホを使わせたいと考える親は多くいます。スマホを持っているのであれば、使っているという事実が少なからずあるからです。しかし、子どもにスマホを使わせたいのか?と聞かれると、あまりいい印象を抱かないという方もいるのではないでしょうか?あまり賛成していないけど、なんとなく子どもがスマホを使っていると聞くと、何か特別な理由でもあるのかなと思ってしまう場合もあるでしょう。

しかし、これには親にも原因があります。そんなとき、いくら子どもにスマホを使わせたいと考えているからといっても、細かいルールを親子でよく話し合って決めることが大切です。もし、これが間違っていると子どもにスマホを使わせていながら子どもがスマホを持っていないということになってしまうので、それも大変危険です。

きちんと話をして、スマホと上手く付き合うルールを決めたうえで子どもにスマホを使わせるとよいでしょう。細かいルールを決めて子どものスマホが困らないように工夫しましょう。

こういうことができることが1番のメリットですよ。

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良いという考え方のメリット

子どもにスマホを使わせるときは厳しいルールではなく細かいルールを決めたほうが良いという考え方のメリットは、具体的なものはまだありません。ただ、親がスマホをコントロール出来るか否かがポイントだと言ってもいいでしょう。特に子どもは従うのに消極的な傾向にあります。

そのため、アプリを使用することに対して、小さなハードルを用意することで、親子でのルール作りに取り組むことができます。このことはSNSなどを使う際にも言えることです。子どもにネットを使うこと自体が多いと、子どもの管理が出来ません。だからと言って、あまり制限し過ぎるのはよくありません。

子どもが楽しんでスマホを使うことが出来るように、子供の成長に合わせて、細かなルール作りが出来るといいですね。遊びのツールとして考えるようにしましょう。遊びながらルールを作ることは重要ですね。子どもの間でよくある注意はやはりゲームのやりすぎです。ネットにつながるだけでなく、ゲームのやりすぎは目に毒です。特に子どもは敏感なので、そんなものを毎日目にしていると、習慣がついてしまうでしょう。しかし、今のゲームは小さな子供でも充分に楽しむことが出来ますし、リアルな対人系の人間関係を重視するゲームもあります。

うまく付き合えるといいですね。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました