子どもがスマホ依存になるのは持たせる時期とは関係ない

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもがスマホ依存になるのは持たせる時期とは関係ない

子どもがスマホ依存になるのは持たせる時期とは関係ない理由

子どもがスマホ依存になるのは持たせる時期とは関係ない理由は、私たちの家庭環境が影響しているのだそうです。一緒にスマホを眺めている親がよくないから、子どもがスマホ依存に…というのではなく、親子で一緒に居ていつも暗い顔をしてるとか、親の言うことにいちいちイライラしているとか…。そういう環境にあっては、子どもの脳も当然ながらリラックスすることができませんよね。

またスマホの使用時間に関しては、ゲームやSNSなどにかなり制限しているようですが、それでも使い過ぎたら逆効果。夜寝る間も惜しんでやるよりは、寝る前にちょっとスマホを触る程度の方が、翌日の睡眠の質が上がるという研究結果もあるそうです。

過度のストレス社会となった現代、必要なときにだけスマホを使えるよう、スマホ依存には気をつけてあげたいですね。ちなみに、スマホ依存気味の子どもとそうでない子どもの脳内物質を比較したところ、大人の脳には、大人の脳には多くないといわれている「オメガ3」という物質が多く含まれているそうです。

オメガ3は、精神の安定に欠かせない「セロトニン」の材料になっている物質。

子どもがスマホ依存になるのは持たせる時期とは関係ないという考え方のポイント

子どもがスマホ依存になるのは持たせる時期とは関係ないという考え方のポイントは、スマホを使うのは子どもが寝静まってから。そして、スマホは子どもたちの生活、遊び、コミュニティツールであって、子どもがおとなしく寝静まるまで使わないというのがスマホ依存から子どもを守ることになるということ。子どもがおとなしく寝静まったら何かしようと考える親でこそ、スマホが子どもの暮らしを破壊することはない。

スマホ依存症になる前にスマホも時間制限することを習慣づければよい。スマホが子どもをスマホ中毒にするという意見があるが、それは間違いだ。

日本という社会で、子どもたちがスマホを使って遊ぶのには、必ず理由がある。その理由を大人が理解しておくことが大切だ。

子どものスマホ利用時間の制限はどの家庭でも必要、でも強要はNG。これが今の大人の感覚だろう。しかし! 「今の大人はいつの時代もこんなものでしょう。私のころには子どもなんて滅多にいないし、子ども相手の仕事なんてのは、親も苦労すると聞いていますから……」と思う人もいるかもしれない。ところがどっこい。

じつはこれは間違っていた。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました