子どもにスマホを持たせるか持たせないかを家族で考える

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもにスマホを持たせるか持たせないかを家族で考える

子どもにスマホを持たせるか持たせないかを家族で考えるのが良いという考え方のポイント

子どもにスマホを持たせるか持たせないかを家族で考えるのが良いという考え方のポイントは、親のスマホが子どもの学びの邪魔になっていたり、夜遅くまでスマホでゲームをしていたりといった問題を一掃して、子どもがより自然にスマホを使えるようにすることである。親にできるのは、子どもの学ぶ手助けをしてあげること、スマホの問題を一緒に考えることだろう。そのためにも、親は子どものスマホで、適切な利用のルールを作ってあげることが一番大切になってくる。

また、親が見守る時間が長ければ長いほど、子どものスマホの使用率も上がることから、親は見守ることが大切になってくる。一方で、子どもはまだまだ友だちとの付き合いやスマホのゲームなど、上手にスマホを使えないことが多いため、親と一緒に過ごす時間はできるだけ子どもとの時間を多くしてあげるべきだ。

子どもがスマホを持つのであれば、親も同じ機種を持ち、LINEなどのコミュニケーション機能やフィルタリング機能を使って、ルールを決めて操作すれば、スマホが子どもの「学びの道具」として、より有効に使えるようになる。小学生でLINEを利用することに抵抗がある子どももいるだろうが、子どものコミュニケーションツールとしては、最適なものだろう。

子どもにスマホを持たせるか持たせないかを家族で考えるのが良いという考え方のメリット

子どもにスマホを持たせるか持たせないかを家族で考えるのが良いという考え方のメリットは、現状子どもがスマホを使用していることを親自身が認識していて、いつでもどこでもスマホに触れることができる状態にあるということです。子どもが携帯電話やスマートフォンを使用しているかどうかの確認はおろか、子どもが持っていない場合にはその存在や使用方法すらも確認できません。親が常日頃から目を光らせておかなくては、子どもが小さいうちにSNS上で「反社会的な行為」をしていた、とんでもない人物と知り合いだったなど、大きな事件に発展する可能性があります。

その結果、実際に起こった事件から子どもに携帯電話をまだ持たせない方がいいという世論が高まった例は数多くあります。インターネットを介して、子どもは様々な大人達と面識を持つことができます。

親と交際や交流を持つどころか、親同士が家族同士のつながりを軽く考えていると、子どもが危険な人と関わりをもってしまう可能性があります。子どもがインターネットでどんなことができるのかを親が認識して、適度に利用させれば有害な情報を流したり、悪意のある犯罪行為を助長したりすることはなくなりません。

しかし、それを子どもが親から離れていたら見られないように制限することは容易ではないでしょう。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました