中学生になるとスマホを持つ子どもが増えるのはなぜか?

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

中学生になるとスマホを持つ子どもが増えるのはなぜか?

中学生になるとスマホを持つ子どもが増える理由

中学生になるとスマホを持つ子どもが増える理由は、それまではケータイ電話だけで話していた相手と、気軽にメールやLINEでやり取りができるようになるからでしょう。小学生までは、学校が終わったら「もうおうちに行こう!」と親が言うまで、勉強は家でしていたものの、電車やバスの中で、暇なときにメールをする相手にはPCの方が都合が良いようです。やはりPCからモバイル端末への切り替えはスマホに集中しているといえます。

中学に入ると多くの児童がスマホを持つようになり、最近では小学生がLINEで子どもだけで写真を送受信しているといった話は当たり前になってきました。中学生の子供のスマホ事情も親の考え方次第です。

ラインは利用しない、通話しかしない、メールは親とのみなどそれぞれの携帯ルールを設け、子供にスマホを持たせる際はインターネット中毒にならないよう管理することが必要になります。また、ネットいじめに子供が巻き込まれていないか見守ってあげることも親がしなければならないことなのです。

中学生になるとスマホを持つ子どもが増えるという考え方のポイント

中学生になるとスマホを持つ子どもが増えるという考え方のポイントは、低学年のうちに親が情報をコントロールすることの難しさです。低学年の子どもは、親がスマホを持てば、他のお友達ともすぐに連絡がとれるようになります。低学年だと、まだ、誰と何をどうやったら連絡が取れるのか理解はしていなくとも、とりあえずのコミュニケーションは、親の端末に表示されるLINEから始まります。

先生や校長などから、子どもたちに連絡があり、連絡の手段はLINEであったり、メールやLINE電話であったりします。お祭りなどで、他の友達も友達と楽しい時間を過ごすために、母親や父親に電話をしますが、母親が、そのまままたスマホを見たままにしていると、他の友達にも見えてしまうということになりかねません。

学校から帰って、夜、母親はスマホを見ることができずに、そのままお風呂に入って寝てしまうということはよくある光景です。女の子は、成長とともにいろいろと興味が湧き、動画を見るようになったり、ゲームをするようになったり、女子高校生ともなれば、友達とLINEのグループチャットでやり取りをすることもあるようです。

中学生になるとスマホを持つ子どもが増えるという考え方のメリット

中学生になるとスマホを持つ子どもが増えるという考え方のメリットは、今ある情報端末を自在に扱えるようになるということに尽きる。それは何かを調べる時だけでなく、SNSのような人とつながる際のコミュニケーション手段も増加すると予測されるから。今の小中学生の小さな子供達は、勉強の仕方だけでなく学校生活を楽しむ方法も、親や先生が「こうしなさい」とか「勉強しなさい」と禁止するものから自分で学べるように変わっていく。

学び方やその土台となることをスマホやアプリ、情報端末などの新しい教育機器やサービスなどの利用で、早くから自然に教えていく。これまでの教育に比べて、スマホや教育機器、サービスなどの利用できる範囲やサービスの質などが格段に上昇する。

結果として、親や先生の教育にかける時間とコストを大幅に減らせる。これは中学生にとってはとても嬉しいこと。

子供たちにとって世界が広がるとともに、親や先生との接する時間は減る。自分で学んだことは頭の中にとどまらず、体験や経験を通して他の誰かに伝えることができるようになる。「伝える」ことで、世の中に対して影響力を与えていくことができるようになる。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました