子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはない

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはない

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはない理由

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはない理由は、その問題によって、使える道具(環境や道具を使った教育等)は異なります。しかし、単にスマホを与えるのではなく、スマホを子どもに与える際、親としては子どもに「知識を与えるだけではダメ。知るべきことを知る必要がある。

」と、意識させておかなくてはいけません。そして、子どもにスマホを与え始め、まずは様々な使い方を考え、それに加え、情報機器の可能性を理解し、実際に使ってみることが大切です。知識を与えるだけでは学力は向上しません。また、LINEを使わせることによって、学力の向上につなげることができるかもしれませんが、LINEはあくまで「道具」。ゲーム感覚でLINEを使ってしまう子どももいますし、メッセージの文字を打つことで、一喜一憂してしまう子どももいます。

このように、親として子どもにスマホを与える際は、「道具を使いこなすことの大切さ」を意識していかなければ、せっかく子どもにスマホを与えたのに、あまり活用できず学力は向上しないことになります。ただ与えるだけではダメなことはお分かりですよね。

そこで重要になってくるのが、正しい知識を与えることです。

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはないという考え方のポイント

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはないという考え方のポイントは、それが子どもに最適かどうかを見極めるためだと言います。子どもにぴったりなデバイスを選ぶためには、使用時間を適切に管理する必要があるでしょう。また、デバイスを取り上げる理由もまた適切なものだと考える必要があります。

子どもの安全のために必要不可欠だという認識だけを持って、ときには電話機を取り上げ、どうしても連絡を取らなければならない場合は、まず学校の窓口と相談してみてから通話を許可するのもいいかもしれません。もし、さまざまな問題を抱えるようであれば、こういった保護者を巻き込むよりも、専門家に相談したり警察を呼ぶほうがずっと大きな意味があるかもしれません。

何事も臨機応変に対応することを忘れないでください。また、保護者が子どもたちとのやりとりの中心になってほしいと思いますが、どうしても子どもたちの情報を出してもらいたいのであれば、子どもの名前で会話できるようにしたり、匿名であることをきちんと明記した形で保存しておいたりするようにしてください。たとえ学校が、子どもたちの情報を必要としない場合にだって、子どもはそうしてもらうことを強く望んでいる場合がほとんどです。

子どもにスマホを持たせるときにやってはいけないことのいくつかは、こちらの記事で紹介しています。

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはないという考え方のメリット

子どもにスマホを持たせる時期に正しい答えはないという考え方のメリットは、大人自身が子供へのスマホの与え方について悩むことなく、子供の成長を見守ることができるようになることです。また、子供のスマホ利用がどれくらい危険か、普段から知っておきたい親のマナーをしっかりと学んでおくことも大切です。 子供にスマホを持たせる時期について、子供の精神面の発達とスマホの必要性から考えてみましょう。

親は、子供がスマホに夢中になることを、心身共に成長し、社会に馴染んでいく大切な過程だととらえたいものです。また、子供のスマホ使用が子供の成長に与える影響についても、きちんと知っておくことが大切です。

子供の成長に必要な時期やスマホの使い方について詳しくご紹介します。 発達とは、ある機能が発達していくこと。

物事の進展の段階を表します。 人間には、生まれたばかりの赤ん坊でも、年齢を重ねるにつれて成長していきます。 機能の段階には個人差がありますが、機能が一定以上になると発達が止まって成熟となります。 大きく成長を妨げることもあれば、逆に著しい発達がみられ、成熟までに時間がかかる場合もあります。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました