子どもにスマホを持たせたら将来が不安になった

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもにスマホを持たせたら将来が不安になった

子どもにスマホを持たせたら他のことに興味を持たなくなる理由

子どもにスマホを持たせたら他のことに興味を持たなくなる理由は、スマホの使用時間が長く、依存やネットショッピングなど、子どもに悪影響が強いことが原因です。子供にとってスマホは最高のコミュニケーションツールなので、手放せない状態にしてしまいがち。そのことが逆に子どもにとって悪影響となり、最悪の場合、スマホ依存症になってしまいます。

スマホばかり使用していると子どもを疑うことになり、親が叱らなければならなくなります。何かにつけてスマホを子供に隠しておく親もいますが、そういった親ほど、スマホ依存傾向のある子になってしまいます。

そうなると、子供にスマホを持たせた方が、しっかりと子供と向き合ってあげることができます。スマホは便利なコミュニケーションツールですが、使い方を誤るとコミュニケーションが上手くいかず、お互いに楽しくない生活になってしまうかもしれません。

最近のテレビは子供の学習番組も増えています。テレビを一緒に観ながら、しっかりとコミュニケーションをとってあげるようにしましょう。スマホを子どもの隣に置き、触らせないようにするのも1つの手です。

また、塾や習い事に連れて行ってしまうのも良いでしょう。子供は親の姿を見て、意識することで、もっと勉強しよう!と積極的になれます。

子どもにスマホを持たせたら他のことに興味を持たなくなる場合

子どもにスマホを持たせたら他のことに興味を持たなくなる場合は、絶対にスマホを使わない!と約束したり、スマホとは専用のアプリを使い、課金させないなどの方法を選ぶことによって、スマホに対する興味をなくすことができます。どうしてもゲームがしたいなら、ブラウザで専用のゲームを見つけるのが一番です。課金しない、利用時間制限があるなど約束すれば、自然とスマホは使われなくなってくるはず。

ゲームの誘惑は想像以上に子どもを苦しめてしまいます。スマホの使い方にルールを決めることは、これから使っていく上でとても大事なこと。小さいうちからの習慣として考えるようにしましょう。

スマホを手元においておかない!というルール作りもおすすめです。特に赤ちゃんや子どもは何かと手が塞がりがち。そのせいでスマホが手から落ちてしまったら……。なんて親不孝なことをするんだ、と思われてしまうかも。これは危険です。子どもに触れるときは必ず近くから離すように気をつけて。小さい子どもの場合、スマホに慣れてしまうと手を離してもなおゲームをはじめようとします。そういう場合、すぐ手に届くところに置いておけばもういいかな、と離れてしまうのです。

子どもにスマホを持たせたら他のことに興味を持たなくなる場合の考え方

子どもにスマホを持たせたら他のことに興味を持たなくなる場合の考え方は、大きく分けて3つあります。 まず考えられるのは「スマホ依存」になってしまった場合です。 やるべき勉強をスマホに手が奪われ、本来の勉強がおろそかになってしまうことはよくあることです。 とはいえ、子どもが自分でスマホを手放すことはないでしょう。

持たせてしまった以上、放っておくこともできません。 まずは、基本的な生活習慣を身につけさせましょう。 ひとりで携帯を見る時間は決めて、時間になったら親が出るように習慣づけます。 学習内容も、学校の宿題もできるだけこなせるよう工夫し、ゲームやテレビなどのエンターテイメントで取り込まないように意識します。 生活習慣が身に付いたら、勉強時間のルールを作ることをおすすめ。

「1時間後にスマホから切る」など、自分の生活リズムに合わせて決めましょう。 子どもは、繰り返し説明されると「勉強できない」というマイナスなことにとらわれるかもしれませんが、決して悪いことではありません。

むしろ、正しい生活習慣が身に付くきっかけになるかもしれません。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました