子どものスマホと学力は無関係?

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どものスマホと学力は無関係?

子どものスマホと学力は無関係であるという考え方のポイント

子どものスマホと学力は無関係であるという考え方のポイントは、私たちのスマホの使い方は常に学力と関連しているということです。スマホを早くから使い始めれば始めるほど、親とのコミュニケーションが増え、言葉が多くしゃべられ、語彙や知識が増え、より正確に相手に伝えられるようになります。このように、早い段階で「スマホの使い方と学力の相関性」を明らかにすることで、より効果的に子どもたちの学力を向上させることが可能なのです。

では、この方法はどのように、どのように採用されるのでしょうか? 自発的に学習させるスマホの使い方と、それに関連した学力を伸ばす方法とは、一言で言えば「主体的な学習がきちんと出来ているのかどうか?」をチェックしていると考えればいいのです。そうすることで、子どもは学力が高いとされる傾向があります。

例えば、塾のテキスト(教材)学習や宿題をしっかりしている子どもは、学校や塾において、主体的・能動的に学んでいます。逆に、勉強やテスト中に「大丈夫か?」と心配になる子は、自ら勉強に取り組むことはなく、受け身的で、考える時間もありません。

子どものスマホと学力は無関係であるという考え方のメリット

子どものスマホと学力は無関係であるという考え方のメリットは、以下の5つです。この5つのメリットを享受するためには、親自身が基本的な生活習慣や学習習慣を確立させる必要があります。その助けとして、ぜひスマホとの適切な付き合い方を知っておきましょう。

学年が上がるにつれてスマホへの理解は深まり、これまで以上に利用時間が長くなるはずです。学年が上がるにつれて、子どもが手にするスマホは機能や性能もグレードアップしていく一方です。

アプリ開発も進んでいますから、子どものレベルに合わせたアプリを使いこなせるようになるのも、そう遠い将来ではありません。そして、スマホを持たせる上で最も大切なのは、子どもを十分に使いこなせる親になることです。

依存しない、ストレスを与えない、叱りすぎないなど、いい関係を上手に築きあげることができれば、きっと上手にスマホと付き合えるようになるでしょう。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました