子どもがスマホのルールを破ったときこそ親の出番

スポンサーリンク

おすすめ情報

もう、ひとりで悩まなくていい!登校拒否・いじめ、離婚後の子育て・シングル子育て、養育費等 「子育ての悩み解決 厳選リスト」

子育ての悩みは、ひとりで悩まなくていいんです。【匿名OK】経験者にしてみませんか?ひとりで悩んでいるより、良い解決方法がきっとみつかるはずです!

子育てで心配になったらすぐ相談できる。運動発達、子供のしぐさ・歩き方、発達障害、身長等 「子供の成長の悩み相談リスト」

「うちの子だけなんで?」と、子育てで不安になることはたくさんありますよね。【匿名OK】「誰か教えて!」そんな子供の成長に関する悩みを、気軽に相談できるサービスです。

地方で子育てだと「教育の格差」が心配。でも、そんな悩みもコレがあれば、すぐに解決します!

進研ゼミの実力診断テストで『全国1位』をゲットしました。地方暮らしでも、子どもには「全国レベル」の質のよい教材で学んで欲しい!進研ゼミのタブレット学習「チャレンジタッチ」で、そんな悩みを解決できます。

子どもがスマホのルールを破ったときこそ親の出番

子どもがスマホのルールを破ったときは親の人生経験を活かして対処した方が良い理由

子どもがスマホのルールを破ったときは親の人生経験を活かして対処した方が良い理由は、親が子どもの時を思い出してもらうためです。インターネットもテレビも無かった当時を思うと、今の生活はあり得ないくらい便利になりました。しかし、子どもの時は何が良くて何が悪いかが分かっていません。

まして、スマホはコミュニケーションツールとしてだけではなく、自分と同じように友達との連絡手段としても大切なものです。安易にルールを破ってしまうと、後々子どもが苦労する羽目になりかねません。そのためにも、子どもがルールを破る度に厳しく叱りつけるのは、辛い経験になるでしょうが、後で役立つ時が来るはずです。

それぐらい、子どもの頃にルールを破ることがどんな影響を及ぼすのか、経験させてあげたいです。 子どものスマホ依存が心配です。

どうやって付き合っていけばいいでしょうか? まずはスマホを「スマホ依存症」にしないことを第一に考えましょう。子どもは新しいことを覚えることや、新しい環境に慣れることに一生懸命です。その結果として、親として気になるのはスマホの存在です。

それを利用することで子どもがどんなメリットがあるのかを説明し、スマホにもきちんと向き合ってもらいましょう。

子どもがスマホのルールを破ったときは親の人生経験を活かして対処した方が良いという考え方のポイント

子どもがスマホのルールを破ったときは親の人生経験を活かして対処した方が良いという考え方のポイントは、親が子どもの話を直接聞く、意見の押し付けをしないというところです。子どもはしばしば、スマートフォンを見せろと親にせがみます。そこで「スマホを見せたらゲームばっかりして勉強しない」などの言葉を言い放つのは、子どもをスマホに追い込みます。そうではなく「いいよ。

そんなにやりたいなら見せてもいいよ。もしダメってことやったら、いくらでも禁止してもいいよ」というように子ども本人からの意見を聞き、親の主張を押し付けないことが大切です。また、大人の行動を逐一スマホで確認してしまうのもNG。子どもが勝手にスマホを使うことを極端に恐れるのも、子どもの人生を制限してしまいます。当然、親は自分の行動や発言が子どもにどう受け止められているのかきちんと把握し、子どもから報告を聞いてあげるのがおすすめです。

しかし、子どもがルールを破った時には、親からの対処がカギとなります。一緒に親として子どもの成長を喜びながら、スマホが子どもにとっていいものだということを学ばせてあげましょう。

子どもがスマホのルールを破ったときは親の人生経験を活かして対処した方が良いという考え方のメリット

子どもがスマホのルールを破ったときは親の人生経験を活かして対処した方が良いという考え方のメリットは、子にとって親の存在は絶対に不可欠であることを認識できるところにあります。さらに言えばスマホを使うなら家庭に持ち帰る必要があるのが当たり前という習慣を身につけられます。結果として、親子でルールを共有できる関係性が築けるのです。

また、スマホを持っていてもスマホを親子共有させない家庭もあると思いますが、そのような家庭では、例えば親がネットに潜って遊ぶ場合はスマホで遊ぶことができないとか、親のスマホから子供が写メを取る場合は子供のスマホにも写メを撮影しないといけないというルールを追加するなど、家族全体でルールを共有できる方法を模索してみるといいでしょう。要は、スマホを使っていることが当たり前という社会であり習慣であるように子供に育っていってもらえれば、自然と子にとってもスマホを持つことに抵抗感がなくなってくれるわけです。そこまで極端でなくても、少なくともスマホを使うことに対して、親は変な先入観を持たず、対等の目線から子供と話し合えるような関係を親子で築いておくほうが絶対にいいと思います。

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク
スポンサーリンク
管理者をフォローする
子育て365
タイトルとURLをコピーしました